FC2ブログ

おりふしの記

ぶらり出掛けたその先で 偶然であったその場の様子を  気楽な気分でカメラにおさめました。 そして、その時の「映像」と 「つぶやき」を wagtail流に思いつくままに 日記風に綴りました。 その瞬間、瞬間の 自然から受け取ったもの、感じたものを大事にしていきたいと思います。

木の葉散る

 ここ数日、強弱の差こそあれ、毎朝のように霜が降りています。 霜が降りる朝が多くなったこの頃は、次々と紅葉した木の葉が散り落ちています。 風に舞いながら散り落ちる木の葉、すでに散って朝露に濡れ地面に張り付いている木の葉、池や小川の水面に浮いた木の葉など、木の葉の季節です。

171126_093204.jpg

 散歩道を歩いて行くと、次々と木の葉が散って、空中を舞い降りてきます。 そして、色々な形や色をした木の葉が幾重にも重なって地面に散り敷かれています。 雑木林の樹木立ちも厳しい季節を迎えるに当たり、冬支度を始めているかのようです。 秋が深まり、初冬を迎えるこの季節は、どの情景も哀愁が漂います。

ほろほろ酔うて木の葉ふる   ( 種 田 山 頭 火 )


スポンサーサイト

 山の自然

0 Comments

Leave a comment