おりふしの記

ぶらり出掛けたその先で 偶然であったその場の様子を  気楽な気分でカメラにおさめました。 そして、その時の「映像」と 「つぶやき」を wagtail流に思いつくままに 日記風に綴りました。 その瞬間、瞬間の 自然から受け取ったもの、感じたものを大事にしていきたいと思います。

まだ咲き続ける月見草

 台風22号の接近による昨日の雨が朝まで降り続き、朝食を済ませる頃にようやく降り止みました。 庭に出てみると雨に打たれた月も草が一輪、白い花を開花させていました。 夏の間は数十輪の白い花が見られ多月見草ですが、数こそ少なくなりましたが、まだまだ咲き続けています。

171030_065945.jpg

171030_070020.jpg

 この純白の月見草も次第に桃色に変化していき、やがてはしぼんだその下の子房を太らせていき、種子を実らせます。 花が落花した後には、(下の写真のみ後端にあるように)種子ができています。

171030_070102.jpg

 周囲を見回してみると、何株かの月見草の果実がはじけ、小さな種子がビッシリと入っているのが見付かります。 この種を取って来春に蒔いてもいいのですが、このままにしておいてもこぼれ種で次第に増えていきます。 しかし、この月見草は、連作障害(いや地)があるため、毎年同じ場所に群生させることができないのは残念です。

171030_070036.jpg

旧「おりふしの記」でもこの月見草について触れていますので、興味のある方はのぞいてみてください。

スポンサーサイト

 庭に咲く花

0 Comments

Leave a comment