おりふしの記

ぶらり出掛けたその先で 偶然であったその場の様子を  気楽な気分でカメラにおさめました。 そして、その時の「映像」と 「つぶやき」を wagtail流に思いつくままに 日記風に綴りました。 その瞬間、瞬間の 自然から受け取ったもの、感じたものを大事にしていきたいと思います。

小さな神社に咲く 曼珠沙華

 北斗(我が家の飼い犬の柴犬)を連れて散歩するコースは、その日の北斗の気分によって決まります。 いくつかある散歩コースの一つに参拝者の姿をほとんど見掛けたことのない、地域からは忘れ去られたような小さな小さな神社があります。

170922_091423.jpg

170922_093427.jpg

 そんな小さな社の境内がこの時期になると一面赤く染まります。 それでも年に2~3回は当番区の方々の努力によりこの曼珠沙華の開花時期を考慮しながらの草刈りが行われ、こうして境内にはたくさんの曼珠沙華が咲き誇ります。

170922_091742.jpg

170922_092232.jpg

 普段は余り手が入れられずにいますから、境内に入ると飛び交う蚊との戦いです。 ゆっくりとカメラを向けていたものならば、すぐに腕と言わず首筋と言わず、肌の露出した場所にここぞと言わんばかりに蚊が飛んできます。

170922_092106.jpg

170922_091928.jpg

 余り地域の人にも知られていない曼珠沙華ですが、毎年秋になるとこうしてわたしの目を楽しませてくれるのです。 今年も、蚊に刺されるのを恐れ、そそくさと引き上げた曼珠沙華撮影でした。

170922_093349.jpg

この小さな神社の境内に咲く曼珠沙華の花を、紅色の花 「曼珠沙華」 としてスライドショーにまとめました。
時間が許しましたら、お立ち寄りいただき、人知れず咲く曼珠沙華の花の美しさをお楽しみください。


スポンサーサイト

 野に咲く花

2 Comments

okko  

曼殊沙華

昔、田んぼの畦道には必ず群生していた曼殊沙華。
「火事花」と言われ、持って帰ると祖母に叱られましたi-229
最近あまり見ないなぁ…と思っていたら、散歩道(空き地)に
ちらほら見られるようになってきました。
wagtailさん、きれいに撮られていますね。見とれてしまいました。

柴犬の「北斗」君、かっこいい名前です。

2017/09/25 (Mon) 20:09 | REPLY |   

wagtail  

To okkoさん

秋を迎え、鮮やかな曼珠沙華の赤い花が
あちらこちらで見られるようになりました。
この花を見ると、「いよいよ本格的な秋だなぁ」と思います。
昔は墓地などでよく見られたせいか、子どもの頃は余り良い印象の花ではありませんでした。
しかし、今はこの花もまた別な感覚で見られるようになり、
忌み嫌う人も少なくなったように思います。
こうしてみると、本当に魅力的な花ですよね。

我が家の柴犬、屋外飼育をしています。
折角日本犬を飼うのだから和風の名前にしようと、
子ども達が「北斗」と命名しました。

2017/09/26 (Tue) 14:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment