FC2ブログ

おりふしの記

ぶらり出掛けたその先で 偶然であったその場の様子を  気楽な気分でカメラにおさめました。 そして、その時の「映像」と 「つぶやき」を wagtail流に思いつくままに 日記風に綴りました。 その瞬間、瞬間の 自然から受け取ったもの、感じたものを大事にしていきたいと思います。

咲き始めた シュウカイドウ

 北に面した我が家の裏庭は、住宅の陰になり余り日当たりが良好とは言い難い環境です。 しかし、この湿り気のある半日陰状態の環境がシュウカイドウには合っているとみえ、とてもよく繁茂します。 今年も、ポツリポツリとシュウカイドウの花が咲き始めました。 シュウカイドウは、一目でベコニアの仲間と分かる花と草姿ですが、豪華なベコニアの園芸種と比べるとどことなく和の雰囲気を持った、我が家の庭に秋がやって来たことを知らせてくれる花です。

170906_124050.jpg

 日本の各地で半野生化していることから、日本原産と思われがちですが、江戸時代に中国から渡来した帰化植物で、バラ科の海棠(カイドウ)に似ていて、秋に花を咲かせていることから、秋海棠(シュカイドウ)との名が付いたのだそうです。
 花は花弁のようながくが上下に2枚ついています。 本物の花弁はとても小さく、中央の黄色い部分は雄花ということです。

170906_123546.jpg

 乾燥にさえ気をつければ、あまり手間がかからないわたし向きの植物です。 花が終わったあとムカゴをたくさん付けますので、そのムカゴを取って、庭木の根元などに蒔いて増やし、和風の雰囲気を楽しんでいます。
スポンサーサイト

 庭に咲く花

0 Comments

Leave a comment