FC2ブログ

おりふしの記

ぶらり出掛けたその先で 偶然であったその場の様子を  気楽な気分でカメラにおさめました。 そして、その時の「映像」と「つぶやき」を wagtail流に思いつくままに日記風に綴りました。 その瞬間、瞬間に自然から受け取ったもの、感じたものを大事にしていきたいと思います。

生坂村の 名木イチョウ

 過日は、飯山市の「神戸の大イチョウ」の名木を紹介しましたが、東筑摩郡生坂村の乳房観音堂境内にも県天然記念物の「乳房イチョウ」と呼ばれているイチョウの名木がありました。 

IMGP1612.jpg  IMGP1609.jpg

IMGP1611.jpg
 この生坂村のイチョウは、根元幹囲10.5m、目通り幹囲が8.3m、樹高35m、推定樹齢800年の雄樹で、およそ25本の柱瘤(乳房)が垂れています。

 巨大なイチョウの幹枝に、たれ下がるいくつかの樹瘤が豊かな母の乳房を連想させることから、「乳房イチョウ」と呼ばれています。

 このイチョウは巨木ではありませんが、柱瘤の垂れている数と大きさでは県内のイチョウでは右に出るものはありません。

 そのため、県天然記念物の「乳房イチョウ」と呼ばれているのです。

 イチョウのすぐ横には、生坂村の有形文化財にも指定されている「乳房観音堂」があります。

180年ほど前の文化年間に乳房堂が焼けたとき、このイチョウから後光がさし、焼けた観音様がイチョウにお移りになったと言い伝えられました。

その後小枝を煎じて飲めば乳の出が良くなるという話が広まり、妊婦さんや出産後の女性が祈願にくるそうです。

まだまだ県内にはこうした多くの名木イチョウがありそうです。

IMGP1608.jpg
関連記事
スポンサーサイト



 植物

2 Comments

トリトン  

乳房のイチョウですか?

こんばんは。
「乳房のイチョウ」と呼ばれているのですね。

≫生坂村のイチョウは、根元幹囲10.5m、目通り幹囲が8.3m、樹高35m、推定樹齢800年の雄樹で、およそ25本の柱瘤(乳房)が垂れています。

愛でたい樹ですね~。
たくさんご利益がありそうです。

素敵な情報ありがとうございました。

2020/12/02 (Wed) 21:41 | EDIT | REPLY |   

wagtail  

To トリトンさん

「乳房イチョウ」と命名されているイチョウは、
各地にあるようですね。
どんな仕組みで、こんな柱瘤ができるんでしょうか?

2020/12/03 (Thu) 17:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment