色づくノブドウ

2 -
秋が深まってくると、日当たりのいい林縁部や田畑の周辺等の荒れた藪地などで色とりどりの実をつけたノブドウを見かけます。 色は次々に変化していくらしいのですが、この実の色の変化がなんともいえない美しさです。

201026_081258.jpg

 黄緑からエメラルドグリーン、青紫から赤紫、白から茶系まで、野草の実としては意外な綺麗さです。 もちろんこの色から想像できますが葡萄とついても食用にはなりません。 しかも蠅や蜂の幼虫が寄生して虫えいをつくるので、このいろいろな色になるのはその影響によることが多いといいますから、ちょっと興ざめです

201026_081117.jpg

関連記事
ページトップ