FC2ブログ

おりふしの記

ぶらり出掛けたその先で 偶然であったその場の様子を  気楽な気分でカメラにおさめました。 そして、その時の「映像」と「つぶやき」を wagtail流に思いつくままに日記風に綴りました。 その瞬間、瞬間に自然から受け取ったもの、感じたものを大事にしていきたいと思います。

色づくノブドウ

秋が深まってくると、日当たりのいい林縁部や田畑の周辺等の荒れた藪地などで色とりどりの実をつけたノブドウを見かけます。 色は次々に変化していくらしいのですが、この実の色の変化がなんともいえない美しさです。

201026_081258.jpg

 黄緑からエメラルドグリーン、青紫から赤紫、白から茶系まで、野草の実としては意外な綺麗さです。 もちろんこの色から想像できますが葡萄とついても食用にはなりません。 しかも蠅や蜂の幼虫が寄生して虫えいをつくるので、このいろいろな色になるのはその影響によることが多いといいますから、ちょっと興ざめです

201026_081117.jpg

関連記事
スポンサーサイト



 植物

2 Comments

nadeshikobuta  

おはようございます。

この色合いは本当にきれいですよね(*^-^*)
なのに虫えいの影響とは!(^^)!初めて知りました( ..)φメモメモ

2020/10/27 (Tue) 09:37 | REPLY |   

wagtail  

To nadeshikobutaさん

果実はブドウタマバエやブドウトガリバチの幼虫が寄生して、
虫えいを作ることが多く、紫色や碧色などになるのだそうです。
正常な実は白ですが、ほとんど見かけることがありません。

2020/10/29 (Thu) 17:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment