FC2ブログ

おりふしの記

ぶらり出掛けたその先で 偶然であったその場の様子を  気楽な気分でカメラにおさめました。 そして、その時の「映像」と「つぶやき」を wagtail流に思いつくままに日記風に綴りました。 その瞬間、瞬間に自然から受け取ったもの、感じたものを大事にしていきたいと思います。

気の毒な雑草

 この時期になるとこの黄色い花をつけた植物が目立ちます。  そうです、セイタカアワダチソウの花です。 ほとんどのセイタカアワダチソウは、1m以上の高さまで伸びており、まさに「セイタカ」です。 ほかの植物より背が高いので、とてもよく目立ちます。

201014_084043.jpg

 先月ごろから黄色いつぼみが見られていましたが、今は、満開。 完全に花が開いており、鮮やかな黄色が美しく見えます。
 このセイタカアワダチソウは、以前は秋の花粉症の原因となる、ブタクサに見た目が似ていることもあって、アレルギーやぜんそくをひき起すのではないかと誤解されることも多いのです。 セイタカアワダチソウは、ハチなどの虫によって受粉する虫媒花で、風で花粉が飛んで受粉する風媒花ではありません。 また、花粉も比較的重く飛びにくいため、今では、花粉症とは無関係だといわれています。

201014_084146.jpg

 花粉アレルギーの元凶でないのならば、もう少し好意的に見られてもいよさそうなものですが、いったん広がった風評はなかなか改められない気の毒な植物なのです。
関連記事
スポンサーサイト



 野に咲く花

6 Comments

aya  

おはようございます。
よく見ればかわいい花の雑草ですが、本当に気の毒な雑草ですね。
近所にもはびこっています。
これがほんの少ししか咲いていないともっと貴重に思えるのでしょう。

雑草でもかわいがられている雑草もありますが、思えばセイタカアワダチソウも
かわいそうですね。
たくさん咲いていても写真に撮れば絵になるのですけどね。


2020/10/15 (Thu) 09:27 | REPLY |   

okko  

セイタカアワダチソウ

ブタクサと同じものと思っていました。
最近は自家中毒で減ってきたとのことでこの辺でも
チラホラしか咲いていません。そう思って見るとなかなか風情のある花ですね(*^^*)。

2020/10/15 (Thu) 20:28 | REPLY |   

wagtail  

To ayaさん

虫媒花なので、花粉はほとんど飛ばないようです。
北アメリカ原産の外来種ですが、
花はハーブとして利用されているそうです。

2020/10/16 (Fri) 21:49 | EDIT | REPLY |   

wagtail  

To okkoさん

この植物も観賞用にと導入した外来種ですが、
空き地や河川敷で大繁殖して勢力範囲を広げ、
日本の在来種等他の植物を駆逐していることが問題視されているようです。
外来種はこうしたことが起こりやすく、どうしても駆除の対象になりますね。
減ってきているのも、そうした努力も実ってきたのでしょうか…。

2020/10/16 (Fri) 21:57 | EDIT | REPLY |   

nadeshikobuta  

こんにちは。

コメントしたつもりが送信されてなかったみたい(^^ゞ

こちらでも空き地や河川、休耕地など勢力を伸ばしています。
昨年は見られなかった実家隣の空き家の庭一面に咲いていて…綿毛が飛んできて大変なことになるのではと心配しています。根っこでも増えていくそうだし、なにせ花が終わった後はキツネの尻尾ほどになる綿毛(種子)があちこち飛んで行くだろうし… 

花が余り見れないこの時季は黄色い花が美しいのですが・・・

2020/10/17 (Sat) 10:23 | REPLY |   

wagtail  

To nadeshikobutaさん

草丈が高いうえに鮮やかな黄色い花を咲かせるため、
この時期には本当によく目立ちます。
一説には、観賞用に導入された植物のようですが、
最近では、余りにもすさまじい勢いで生えてくるので、
厄介者といったイメージも持たれているようですね。

2020/10/23 (Fri) 21:42 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment