FC2ブログ

おりふしの記

ぶらり出掛けたその先で 偶然であったその場の様子を  気楽な気分でカメラにおさめました。 そして、その時の「映像」と「つぶやき」を wagtail流に思いつくままに日記風に綴りました。 その瞬間、瞬間に自然から受け取ったもの、感じたものを大事にしていきたいと思います。

脱穀作業の手伝い

 稲刈りを行ってから約半月、一昨日天日を浴びてしっかり乾いた稲を脱穀しました。 作業にあたったのは総勢6名、昨年は脱穀の済んだ稲わらを束ねる作業をしましたが、今年は一番年長の私を気遣ってか、与えられた作業は脱穀機の操作が主でした。

201003_133539.jpg

 脱穀をする作業、稲わらを束ねる作業、稲が外されたハゼを片付ける作業、稲わらの束を運び積み上げる作業、米袋を軽トラで運ぶ作業、落穂ひろい…様々な作業が6人の阿吽の呼吸で進んでいきます。
 夕方までかかるかなと予想していた作業でしたが、4時前には2枚の田んぼの脱穀が終わりました。

201003_133630.jpg

 一番楽な作業をさせていただいたのに、翌日は体調を崩し、半日ほど体を休める始末でした。 午後しばらくして復活しましたが、年は取りたくないものですねぇ。
関連記事
スポンサーサイト



 日常生活

4 Comments

nadeshikobuta  

こんばんは。

汗をかいてちょっと冷えたのでは…
常に体を動かされてるから回復?も早かったのでしょうね。
寝込むことにならないで良かったです(*^-^*)

2020/10/05 (Mon) 18:15 | REPLY |   

wagtail  

To nadeshikobutaさん

肉体的、精神的な疲労がいろいろ重なった上に、
慣れない作業をしたため、体が休息を要求したのでしょうか。
年とともに、少しずつ無理の利かない体になっていくようです。
復活が早く、よかったです。

2020/10/07 (Wed) 13:54 | EDIT | REPLY |   

トリトン  

脱穀作業お疲れ様でした。

こんばんは。
脱穀作業お疲れ様でした。
いい汗をかきましたね。
「脱穀」の作業は「花」じゃないですか。
一番やりたい作業ですよ。ラッキーでしたね。

やはり、天日干しのお米は美味しいですよ。

前回、稲の乾燥形態で、「ほにょ」と書きましたが、それは岩手県南地方の呼び名でした。
県北地方や青森南部では「ほにお」と呼ぶようです。(エスキモーの家みたいなドーム状で家みたいに大きいです。縦横奥行きが1.5~2mぐらい。)
近日中にヤフーブログ時代の記事を探して、再掲載してみたいと思っています。
「百聞は一見に如かず」ですね。
岩手県北部は、今稲刈りの真っ最中で、自然乾燥はこれからです。

「ほにお」「ほにょ」「ほんにょ」・・・ ドーム状または木の杭に掛けるタイプ
「はさがけ」「はせがけ」・・・ 横長の長い棒(木、竹、鉄の棒)に掛けるタイプ

ではないかと理解しています。

私の住宅の隣の田んぼを所有する農家さんも今日稲刈りをコンバインで行っていました。

「稲刈り」・・・ 好きな言葉です。

実りの秋ですね。

話は変わりますが、今年生まれて初めて「ポポーの実」を手にしました。手に入れましたがまだ食べていません。食べたらまたレポートします。

ではまた。

2020/10/07 (Wed) 23:17 | EDIT | REPLY |   

wagtail  

To トリトンさん

実りの秋・収穫の秋。
一年間精魂込めて行ってきたコメ作り、
農家の方々にとっては嬉しい時期です。
時々こうしてわずかな手伝いをしながら、
農家の方々の思いにちょっとでも触れることができ、
いい経験をさせていただきました。

ほにょの詳しい説明ありがとうございました。
地方により様々なやり方や呼び名があるようですね。
写真などでは見たことがありますが、
機会があったら、一度原風景をこの目で見たいものです。

2020/10/09 (Fri) 12:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment