FC2ブログ

おりふしの記

ぶらり出掛けたその先で 偶然であったその場の様子を  気楽な気分でカメラにおさめました。 そして、その時の「映像」と「つぶやき」を wagtail流に思いつくままに日記風に綴りました。 その瞬間、瞬間に自然から受け取ったもの、感じたものを大事にしていきたいと思います。

ちょっと 一休み

 昨日から4連休が始まりました。 昨日は天候もよく、農家にとっては絶好の稲刈り日和となりました。 今年も義弟に稲刈りの手伝いを頼まれ、一日手伝いに行ってきました。 一条刈りの稲刈り機の運転をしたり、刈り取られた稲をハゼにかけたりの作業は、非農家育ちの私にとってはいい経験になっています。

200919_143755.jpg

 またこうした農作業の楽しみの一に、田んぼの畔近くで一休みしたり昼をとったりする時間があります。 それぞれが持ち寄った自慢の手料理をいただきながら、自分たちの休憩までに済ませた作業状態を目にしながら交わす話も、多岐にわたり面白いものです。
 作業の合間に皆さんが一休みしている光景を背後からぱちりと撮らせていただきました。 午前中に稲刈りをした稲がかけられたはぜかけ見えます。 刈り取った稲をはぜまで運ぶのが大変でしたが、毎日口にしているお米ができるまでのほんの一部の作業経験でしたが、お米作りの大変さを実感しました。 今度は脱穀作業の手伝です。
関連記事
スポンサーサイト



 日常生活

4 Comments

nadeshikobuta  

おはようございます。

こちらでも稲刈りが始まりましたよ。
小さい頃はこんな光景が見れてましたが…
こちらでは休憩を「たばこ」と言ってました(*^-^*)
今は稲刈りと一緒に脱穀しちゃうことが多くハゼガケも少なくなり…
このハゼガケもこちらでは一本の棒に稲束を組んで塔?のような形にしてる所が多いですが風通しを考えると横に掛けてる方が…

2020/09/21 (Mon) 07:13 | REPLY |   

wagtail  

To nadeshikobutaさん

ハゼかけのある田んぼ風景も、秋の風物詩ですね。
地方によっていろいろなハゼのかけ方があり、興味がわきます。
今はコンバインで一気に脱穀までしてしまうことが多いようですが、
ハゼをかけた稲のお米はおいしいとか…。

2020/09/22 (Tue) 14:52 | EDIT | REPLY |   

トリトン  

稲刈りはいい経験ですね。

こんにちは。
本日3本目のコメントです。

義弟ということは、妹さんが農家に嫁がれたか、妹さんの嫁ぎ先に田んぼがあるということでしょうか?

そちらでは、「はぜ」というんですね。
こちらでは、「はせ」といいます。

また、「ほにょ」「ほんにょ」という稲の自然乾燥形態もあります。
この「ほにょ」が国内で一番残っている地域は八戸市西部です。

後日、岩手県北部~青森県南部に残っている「ほにょ」の画像を拙ブログにて紹介いたしますよ。

温帯低気圧が過ぎ去ったら、山に行って、秋の恵みを少し分けてもらおうと思っています。

ではまた。

2020/09/25 (Fri) 11:50 | EDIT | REPLY |   

wagtail  

To トリトンさん

亀レスで申し訳ありません。
「ほにょ」は、変わった干し方ですね。
信州にも地域によりいろいろな干し方があります。
実際に見たことはありませんが、
「ほにょ」をずっと高くしたものなんかも、写真で見たことがあります。
今はコンバインで、すぐに脱穀することが多く、
だんだんこうした風情あるものが見られなくなるのはちょっと寂しいです。

2020/09/27 (Sun) 21:22 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment