FC2ブログ

おりふしの記

ぶらり出掛けたその先で 偶然であったその場の様子を  気楽な気分でカメラにおさめました。 そして、その時の「映像」と「つぶやき」を wagtail流に思いつくままに日記風に綴りました。 その瞬間、瞬間に自然から受け取ったもの、感じたものを大事にしていきたいと思います。

摘果・摘粒のすんだ葡萄棚

 毎日毎日降り続いた雨。 朝のうち少し降りましたが、昼頃になって本当に久しぶりに青空が広がり、まぶしいほどの夏の日差しが戻ってきました。 長野県は、昼と夜の温度差が大きいことから果物がおいしく育つための絶好の環境となっています。
 このあたりでは、「巨峰」をはじめ、種なしで皮ごと食べられる人気品種「ナガノパープル」「シャインマスカット」など、さまざまな品種のブドウが栽培されています。

200629_082400.jpg

 これはシャインマスカットだろうか、まだ青い実をたわわにつけたぶどう棚に夏の日が降り注ぎ、上も下も緑一色です。 シャインマスカットは、粒が楕円形で皮は綺麗な黄緑色のものが多く、皮ごとかじるとパリッとした歯触りで種もなく、甘くジューシーです。 以前は巨峰の栽培が多かったのですが、最近はこのシャインマスカットに切り替える農家の方も多いようです。
 ぶどうの樹1本に1,000房以上の房が実りますが、栄養分が行き渡るよう房の数を3分の1以下に摘果します。 そうすることで房が大きく育ちます。
 そして、そのあと、粒が小さい段階でハサミを入れ、1房につき30粒ほどにします。 それを「摘粒」といいます。
 
200629_082343.jpg

 粒の間隔が狭いと、粒が充分に大きくならなかったり、粒が大きくなった時にお互いが押し合って潰れて形が変形したりといった様々な問題が起こりますが、それを防ぐために、粒と粒の間隔をあけるために摘粒をするのだそうです。
 きっとこのぶどう棚は摘果も摘粒も済んでいるのだろうと思いますが、やがて袋掛けが行われ、8月中旬〜9月下旬ころには出荷されていくのだろうと思います。
関連記事
スポンサーサイト



 風土

8 Comments

トリトン    

ブドウも大好きですよ!

こんにちは。

岩手県も大雨でした。
今朝の24時間降水量が120mmでした。
当然ながらわが町にも「大雨、洪水警報」が発令されました。
川の水はかなり増水しています。
洪水、土砂災害は起きていないようです。(知っている範囲内では)

ずっとStay Homeでした。
雨が上がったようなので、これから散歩に出かけてきます。

ブドウは、摘果の他に、「摘粒」というのもあるんですね。
摘果だけだと思っていました。

サクランボも好きですが、ブドウも好きです。
秋には、「ブドウ狩り」に出かけますよ。

そちらもブドウ狩りできそうですね。

今年は、初の「リンゴ狩り」にも出かけようと思っています。

全国の豪雨災害が最小で済みますよに祈っています。

Have a nice day.

2020/07/12 (Sun) 16:17 | EDIT | REPLY |   

yamashiro94  

こんにちは。

家内の実家は長野市の北部です。
近くにリンゴ栽培農家が多くあります。
冬以外の季節には実家に訪れていますから、リンゴはよく見かけますが、ブドウは見たことがありません(多分)。
私の家から山梨県が近く、ぶどう栽培といえば山梨県でした。
そんなこともあり、wagtailさんの写真を見て、これらの写真は長野県のどのあたりだろうと思いながら、見ていました。

2020/07/12 (Sun) 18:19 | REPLY |   

wagtail  

To トリトンさん

川の増水、心配ですね。
まだまだ雨降りが数日続きそうな予報、十分に気を付けてお過ごしください。

ブドウ畑が近くにたくさんありますが、
ブドウの出荷までには整枝・剪定、消毒から始まり、様々な作業が続き、
農家の方々が一生懸命作業されている姿を目にしています。

リンゴ狩り、ブドウ狩り、サクランボ狩り…多くの楽しみができるんですね。
果物狩りを通しながら、農園の方の果物に寄せる思いにも感じられることと思います。

2020/07/13 (Mon) 04:58 | EDIT | REPLY |   

wagtail  

To yamashiro94さん

長野市北部の国道わきには、リンゴ畑がずっと続き、
リンゴの販売所も連なっている地域がありますね。
少し南に来ると桃栽培もおこなわれています。
わたしの町では、リンゴに加え、ブドウ栽培も盛んです。
長野県は果物栽培が盛んですが、地域の土地環境や気候によって、
様々な果物が栽培されています。

2020/07/13 (Mon) 05:05 | EDIT | REPLY |   

nadeshikobuta  

おはようございます。

上も下も緑一色、、、さぞや美しい光景でしょうね。
風があったらぶどう棚の下も気持ちいいだろうなぁ・・・

ブドウ作りも手間暇がかかるんですね。摘果、摘粒、知らなかった(^^ゞ

シャインマスカット大好き(*^-^*)

2020/07/13 (Mon) 09:17 | REPLY |   

wagtail  

To nadeshikobutaさん

ブドウ棚は緑の葉と緑の実、刈り込みがされた緑の下草。
夏の日差しが差し込み、一層緑が映えます。
シャインマスカットは人気の高価な品種、
毎日作業する農家の姿から、多くのご苦労を感じます。

2020/07/13 (Mon) 16:04 | EDIT | REPLY |   

aya  

こんにちは。

ぶどうも手間暇かけてきれいな房のぶどうになるのですね。
摘果、摘粒 と2度手をかけることは知りませんでした。
袋掛けをした後においしいぶどうに成長するまでが楽しみですね。

写真を拝見しても見事な房のぶどうですね。

2020/07/13 (Mon) 16:33 | EDIT | REPLY |   

wagtail  

To ayaさん

このブドウ畑も、過日袋掛けが行われました。
毎朝散策に出かけると、ブドウ畑に農家の姿が見られない日がないほど、
連日、様々な作業に追われていることが分かります。
特に、摘果・摘粒・袋掛け作業は、人手が足りず、
何人もの人を頼んでやっているようです。

2020/07/14 (Tue) 13:21 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment