FC2ブログ

おりふしの記

ぶらり出掛けたその先で 偶然であったその場の様子を  気楽な気分でカメラにおさめました。 そして、その時の「映像」と「つぶやき」を wagtail流に思いつくままに日記風に綴りました。 その瞬間、瞬間に自然から受け取ったもの、感じたものを大事にしていきたいと思います。

待宵草 or 宵待草 ?

 毎朝このマツヨイグサの鮮やかな黄色い花が庭で咲いています。 以前掲載した白い花の月見草は夕方咲き、朝にはしぼんでいる一日花ですが、このマツヨイグサは、夕方から朝まできれいに咲いていますが、午後にはしぼんで赤くなる一日花です。

200617_072803.jpg

 この花はよく、ヨイマチグサ(宵待草)と呼ばれたり、ツキミソウ(月見草)と呼ばれたりしていますが、どちらも間違い。 正解は、マツヨイグサ(待宵草)です。
 竹久夢二の詩に「宵待草(よいまちぐさ)」という詩がありますが、最初は「待宵草(まつよいぐさ)」と書かれていたようですが、語感の良さから「宵待草(よいまちぐさ)」と書き換えたらしいのです。
 
200617_072621.jpg

 しかも、竹久夢二の詩(待てど暮らせど来ぬ人を 宵待草のやるせなさ 今宵は月も出ぬそうな)にメロディーがついて大ヒットしたものですから、「宵待草」という呼び名も使われるようになったらしいです。



関連記事
スポンサーサイト



 植物

6 Comments

aya  

こんにちは。

待宵草 と 宵待草 ですか。
宵待草の方が耳に聞きなれていますね。

正解は待宵草でしたか。
知りませんでした。勉強になりました。

午前中は仕事でした。

2020/06/23 (Tue) 12:58 | REPLY |   

wagtail  

To ayaさん

午前のお仕事、お疲れさまでした。
確かブログを拝見すると、午後も夕方もお忙しいようでしたね。

きっと待宵草を宵待草、オオマツヨイグサを月見草と
覚え間違いしていた人は多いと思いますよ。
わたしも本物の月見草を知人からいただくまでは、
長い間オオマツヨイグサを月見草だと思っていました。

2020/06/23 (Tue) 17:45 | EDIT | REPLY |   

yamashiro94  

こんにちは。

我が家のネコの額ほどの庭に咲くのは、花の色・形からしてマツヨイグサのように見えます。
ところが、wagtailさんは次のようにも書いておられます。
「夕方から朝まできれいに咲いていますが、午後にはしぼんで赤くなる一日花」……。
我が家の花は数日間咲いています。
また枯れた花は赤くなりません。
ひょっとしたら、別な花なのかもしれません。
もう少し観察してみます。
神代植物公園で買ったのですが、名前を正確に確認しなかったのが悪かったようです。

2020/06/23 (Tue) 17:57 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/06/23 (Tue) 22:19 | REPLY |   

wagtail  

To yamashiro94さん

マツヨイグサの仲間にもたくさんの種類があります。
その中の一つにヒナマツヨイグサというマツヨイグサがあります。
この花が数日間開花しているかどうかは分かりませんでしたが、
昼間開花し、花がしぼんでも赤みを帯びないそうです。
yamashiro94さんが育てておられる花が、
果たしてこの花かどうかはわかりませんが…。

2020/06/24 (Wed) 11:03 | EDIT | REPLY |   

wagtail  

To 鍵コメさん

鵜飼の様子、連想しただけでも風情を感じます。
その様子が拝見できるのを楽しみにしています。

2020/06/24 (Wed) 11:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment