おりふしの記

ぶらり出掛けたその先で 偶然であったその場の様子を  気楽な気分でカメラにおさめました。 そして、その時の「映像」と 「つぶやき」を wagtail流に思いつくままに 日記風に綴りました。 その瞬間、瞬間の 自然から受け取ったもの、感じたものを大事にしていきたいと思います。

素人づくりの ミニトマト

 随分長い間、ただ放置されていた裏庭でしたが、5年ほど前から土の改良を始め、今では「ミニ菜園」 になっています。 思い返してみると、以前は山土が敷かれていた石ガラのひどい土地でしたが、どうやらこうして植物が育つまでになりました。
 今年は、このミニ菜園で、ジャガイモ・青じそ・なす・ピーマン・キュウリ・ミニトマト・枝豆等を栽培しました。 ジャガイモと枝豆はすでに収穫が済み、新じゃがの味と夏の茹でた枝豆を楽しんでいます。 毎日収穫が忙しいほどなったキュウリももうお終いの時期を迎えています。

170811_153125.jpg

 これは、すでにピークを過ぎたミニトマトの手作り棚です。 ミニ菜園といっても、何しろ今まで農作業を経験したことのない度素人の作る野菜ですから、うまくいかないのが当たり前といったところ。 しかし、二人だけで食べるには十分な夏野菜が採れますから、わたしが作るそばから、連れ合いさんが、不出来な夏野菜をあちらこちらに配っています。

170811_152844.jpg

 今年はミニトマトは、丸い「千果」プラム形の「アイコ」を栽培してみました。 真っ赤な実の「千果」は、とても甘く美味しいのですが、きちんと作るには、棚の上にさらにビニルトンネルを設置すればよいのですが手抜きをしていますので、時々実割れをしてしまうようです。
 それに比べ、可愛いプラム形の「アイコ」は、実割れこそしませんが、ちょっと皮が厚く、丸い「千果」に比べると大味のような気がします。
 庭の草取りをしたりミニ菜園の作業をしたりする際、ちょっと一粒失敬する時は、やはり甘い「千果」の方に手が伸びることが多いのです。
 
170811_152926.jpg

 今日は、空いたミニ菜園を耕し、秋野菜の栽培に備え始めました。 これから堆肥などを入れ次の栽培の準備に入りますが、秋は何を栽培したらいいのか、作付け計画をするのもまた楽しいものです。 毎年、病気が出たり、虫が発生したりして、良い野菜はできませんが、楽しみながらの農作業、ちょっと体を動かすには最適のミニミニ菜園なのです。
スポンサーサイト

 日常生活

2 Comments

白竜(はくりゅう)  

家庭菜園

こんばんは!
家庭菜園が出来る畑があるのは いいですね~!♪(^^) 
ガーデニングなどは 身体を動かせるので、健康に良いそうですねv(^o^)
私も、今年初めて プランターに、ミニトマト、ナス、キュウリ、インゲン、ゴーヤ、唐辛子の苗を植え、種を蒔きました♪(^^) 
全く育て方を勉強しなかったので、殆ど収穫無しでしたが・・・それでも 楽しかったです
♪(^^) 

2017/08/11 (Fri) 19:28 | EDIT | REPLY |   

wagtail  

To 白竜(はくりゅう)さん

庭の維持管理は大変な面もありますが、
所狭しと色々な草木を植え込んで楽しんでいます。
白竜さんも種々の野菜類の栽培をされたんですね。
プランターでの野菜作りが楽しかったという白竜さんのお気持ち、
十分に理解・共感することができます。
できるだけ農薬を使わずにと思っていましたら、
昨年は虫の大発生にあい、ひどい被害を被ったことがあります。
今年は、どうなりますことやら…。

2017/08/12 (Sat) 09:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment