FC2ブログ

おりふしの記

ぶらり出掛けたその先で 偶然であったその場の様子を  気楽な気分でカメラにおさめました。 そして、その時の「映像」と「つぶやき」を wagtail流に思いつくままに日記風に綴りました。 その瞬間、瞬間に自然から受け取ったもの、感じたものを大事にしていきたいと思います。

「春分の日」と「お彼岸」

 今日は祝日の「春分の日」、いわゆる「自然をたたえ、生物をいつくしむ」ための日とされています。 春分は、二十四節気の一つで、昼と夜の長さが同じになる日として知られています。(正確にはまったく同じではなく、昼の方が少し長いそうです)
 きょうを境に太陽が上っている時間が長くなっていき、「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉があるように、春分の日は本格的な春の到来と告げる日と考えられていて、ここから次第に暖かさも増していきます。

200320_090946.jpg

 また、春分の日は、お彼岸の「中日」にあたります。 そのため、お彼岸とも深い関係のある日です。 地域によって差はあるようですが、お彼岸を迎えると、我が家では牡丹餅を作ります。 今年も仏壇にお供えして手を合わせ、先祖に感謝の気持ちを表しました。

200320_091044.jpg
関連記事
スポンサーサイト



 風土

0 Comments

Leave a comment