FC2ブログ

おりふしの記

ぶらり出掛けたその先で 偶然であったその場の様子を  気楽な気分でカメラにおさめました。 そして、その時の「映像」と「つぶやき」を wagtail流に思いつくままに日記風に綴りました。 その瞬間、瞬間に自然から受け取ったもの、感じたものを大事にしていきたいと思います。

赤怒田福寿草群生地

 松本市四賀地区赤怒田には、全国有数の福寿草群生地があります。 例年3月初旬から、春の彼岸頃まで期間を定めて福寿草まつりが開催され、毎年数万人の来場者が訪れます。 しかし、今年は新型コロナウイルスの問題から、福寿草まつりは中止になりました。
 
200312_124722.jpg

 そのために福寿草群生地には人影はまばらで、閑散としていました。 また、例年この福寿草が咲くころはまだ雪が残っていることが多いのですが、暖冬の影響で雪は全くなく、斜面一帯は茶色い枯草でおおわれていました。
 雪を押し分けるようにして咲く福寿草は趣があるのですが、茶色い枯れ野原咲く福寿草は何とも拍子抜けです。

200312_125409.jpg

200312_125709.jpg

 それでも、約1.5haの斜面に約50万株の福寿草が自生する県下一の群生地だけあり、遊歩道を一巡してみると、春の日差しに輝く、鮮やかな福寿草の花が目に飛び込んできました。

200312_124136.jpg

200312_125739.jpg

 場所によっては、辺り一面が黄金色のかわいい花で埋め尽くされている斜面も目に入ります。 一面を黄金色に染める様は、早春の心和む光景となっています。 福寿草の花は、日が照れば開き、陰れば閉じてしまいます。 訪れた昨日は春めいた日差しが降り注ぎ、福寿草を鑑賞するには最適な日でした。
 見ごろの最適な見ごろ時期にはちょっと遅めだったかもしれませんが、今週いっぱいはまだまだ十分見ごたえがあるのではないかと思います。

200312_124529.jpg

200312_125144.jpg

HP「四季彩記」の「赤怒田福寿草群生地」では、ほかの写真もご覧いただけます。
どうぞお立ち寄りください。


関連記事
スポンサーサイト



 野に咲く花

2 Comments

okko  

群生!!

こういうのを本当の群生というのですね!こんなにたくさんの
福寿草を見るのは初めてです。
雪の間から咲く姿も見たかったですが、これもまた春が来た感じ
があふれ出ています。

2020/03/14 (Sat) 09:55 | REPLY |   

wagtail  

To okkoさん

今日は久々の雪の日になりました。
明日の訪問だったら…などと贅沢なことを考えています。
初めてこの群生地を見た時には感動しましたが、
次第に慣れからか、感動が薄れていくようです。
日を追うごとに春が駆け足でやってきていることが分かります。

2020/03/14 (Sat) 16:45 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment