FC2ブログ

おりふしの記

ぶらり出掛けたその先で 偶然であったその場の様子を  気楽な気分でカメラにおさめました。 そして、その時の「映像」と「つぶやき」を wagtail流に思いつくままに日記風に綴りました。 その瞬間、瞬間に自然から受け取ったもの、感じたものを大事にしていきたいと思います。

金のなる木

ぷっくりとした葉っぱが印象的な金のなる木。  「幸運を招く」という縁起のよい花言葉をもつ多肉植物ですが、今年も大鉢の金のなる木がたくさんの花を咲かせました。

IMGP0727.jpg

IMGP0728.jpg

 小さな鉢も何鉢かあるのですが、大鉢植えの一鉢は毎年こうして花を咲かせてくれます。 8月以降は土が乾いてから水を与えるまでの期間を徐々に空けていき、生育の鈍る冬は水やりの回数を月1~2回にしています。 特にこのような大型の金のなる木は8~9月頃の水やりを極力控えることで、花が咲きやすくなるといわれています。
 花の少ないこの時期に咲く金のなる木は貴重ですが、一つの花の構造を見ても捨てがたい魅力を感じさせます。

IMGP0725.jpg

IMGP0721.jpg

スポンサーサイト



 鉢花

4 Comments

wagtail  

To okkoさん

草丈1mほどの大株が2鉢ありますが、
水切りの加減に注意しながら育てています。
毎年花をつけるこの鉢は特に大事にしています。
このほかに差し芽をして増やしたものを育て、
万が一の場合に備えています。
どのくらいの株に育ったら、花をつけてくれるのやら…。

2020/02/17 (Mon) 12:36 | EDIT | REPLY |   

okko  

お見事!

今年もきれいに咲きましたね。
こんな大きな株の金のなる木は見たことがありません。
わが家には5円玉をならせた(?!)小さいのがありましたが、
こんなかわいい花が咲いた記憶がありません。

2020/02/14 (Fri) 20:32 | REPLY |   

wagtail  

To タッキーさん

金のなる木が花芽をつけるかどうかは、
夏以降の水の制限にあるようです。
わたしも地植えできる植物はできるだけ庭に植えるようにしているのですが、
金のなる木のように屋外の冬越しが不可能なものは、
どうしても鉢植えして屋内に取り込まざるを得ません。
今までに何鉢ダメにしたことか…。

2020/02/13 (Thu) 17:06 | EDIT | REPLY |   

タッキー  

おはようございます

満開ですね

多肉植物は水の管理が楽なようで難しいですよね

毎日水やりをする方が楽な気がします・・・
土の湿り具合渇き具合をみて、ちょうどいい加減にする必要がありますもんね・・・

我が愛しの女房殿は、昔サボテンのかわいい鉢植えを枯らした事がありまして(笑)

以来鉢植え系は庭で育てる事が多くなりました

2020/02/13 (Thu) 06:02 | REPLY |   

Leave a comment