FC2ブログ

おりふしの記

ぶらり出掛けたその先で 偶然であったその場の様子を  気楽な気分でカメラにおさめました。 そして、その時の「映像」と「つぶやき」を wagtail流に思いつくままに日記風に綴りました。 その瞬間、瞬間に自然から受け取ったもの、感じたものを大事にしていきたいと思います。

シジュウカラの巣立ち

 ハナミズキに架けた巣箱を使っているシジュウカラの親が餌を運んでくる間隔が随分長くなり、昨日の昼近くには巣箱にはやって来ますが餌をくわえずにやって来て、巣箱に入っても糞をくわえ去るだけでした。
 「これは巣立ちが近いな」と思い、昼食を済ませた後カメラを用意し、しばらく巣箱のシジュウカラの観察をすることにしました。 しばらく見ていると 一羽の雛が、入り口の穴から身体を半分近くまで外に出す姿が何度も見られました。

190810_113159.jpg

190810_113025.jpg

 いつ出るのかと息を潜めて見守ると、やはり1羽目の雛が午後1時5分入り口の穴から外に出ました。 そして、葉の茂ったハナミズキの枝に移動したようです。 巣立ちのはじまりです。

190810_130539.jpg

 それから1時間以上の時間が過ぎました。 その間次の雛も何度か身を穴から外に乗り出してはまた中に身を沈める行動を繰り返していました。 2時20分2番目の雛が巣立っていきました。
 
190810_142029_01.jpg

 前の雛の巣立ちに誘われるように3番目は、それから1分後の2時21分、意を決したように外に飛び出し、ハナミズキの枝に移動しました。

190810_142144.jpg

 4羽目の巣立ちは、2時28分でした。 この時には、巣穴から身を乗り出し、外に飛び出していく様子を連写で撮影することが出来、いい資料になりました。

190810_142829_01.jpg

 そして5羽目の最後の雛の巣立ちは、2時31分でした。  5羽のシジュウカラが全て無事巣立っていきました。

190810_143056.jpg

 巣立ち直後は刺激して雛が分散してはいけないので外に出ないようにして部屋の中から観察していました。 巣箱を離れた後、もう一度姿を見せたのは下の写真の1羽だけでしたが、きっと親に導かれながら安全な場所へと移動していったに違いありません。
 安全な巣箱を離れてからのここ数日は雛たちにとっては試練の時。 5羽の雛たちの無事の独り立ちを願うのみです。

190810_143327.jpg

スポンサーサイト



 野鳥

2 Comments

wagtail  

To okkoさん

まさか同じ巣箱が一シーズンに二度使われるとは思いもしませんでした。
蛇対策が功を奏したようで、
それぞれの巣箱の雛が無事巣立っていきました。
近所に野良猫が多いので、無事自立まで育つか心配です。

2019/08/12 (Mon) 19:40 | EDIT | REPLY |   

okko  

巣立ち

5羽もいたのですね!そして一度にみんな出ていくなんて
寂しいですが、親にしてみればバラバラでは大変ですものね。
やっぱりヒナはかわいいですね。
どうかみんな無事大きくなってくれますように!

2019/08/11 (Sun) 19:56 | REPLY |   

Leave a comment