FC2ブログ

おりふしの記

ぶらり出掛けたその先で 偶然であったその場の様子を  気楽な気分でカメラにおさめました。 そして、その時の「映像」と 「つぶやき」を wagtail流に思いつくままに 日記風に綴りました。 その瞬間、瞬間の 自然から受け取ったもの、感じたものを大事にしていきたいと思います。

ミツバアケビの花

 大型連休もいよいよあと残すところ二日となりました。 きょうは朝から好天気で青空が広がり、気温もグングンと上昇しました。 勿体ないような好天気ですが、こともあろうにこんな日に村の全体官役で、半日作業に汗を流しました。
 山道を歩いていた時に見付けておいたミツバアケビが花を咲かせていました。

190428_084329.jpg

190428_084102.jpg


 アケビの花は雌雄異花で、写真の左側あるいは下側に見える花が雌花、写りの余り良くない右側の花が雄花です。 雄花も雌花もそれぞれ色も形も魅惑的ですが、雌花はやはり存在感があるため、目が雌花に行ってしまい、写真でも雄花をおろそかにしてしまいました。

190428_084311.jpg


 花を細かく観察してみると、花被は3枚で、雄花の中央部には6本の雄しべがミカンの房状についています。 雌花の中央部にはバナナの果実のような6~9本の雌しべが放射状についています。 雌花の柱頭(先端部)には、粘着性の液体が付いており、花粉がここに付着することで受粉が成立するのです。
 しかし、雌雄異花で蜜も出していないので、どのようにして受粉するのかは未だ明らかにされていないようです。

スポンサーサイト

 山に咲く花

0 Comments

Leave a comment