FC2ブログ

おりふしの記

ぶらり出掛けたその先で 偶然であったその場の様子を  気楽な気分でカメラにおさめました。 そして、その時の「映像」と「つぶやき」を wagtail流に思いつくままに日記風に綴りました。 その瞬間、瞬間に自然から受け取ったもの、感じたものを大事にしていきたいと思います。

野鳥巣箱の蛇対策

 昨年当ブログに「野鳥の巣箱づくり」「二作目の野鳥の巣箱」として掲載したように、しだれ桜とハナミズキの庭木に巣箱が架けられています。 今年はその二つの巣箱でシジュウカラが巣作りをしました。 しだれ桜の巣箱は抱卵中、ハナミズキの巣箱(下の写真)は現在巣作り中です。
 それぞれの巣箱を一度だけ覗いて見ましたが、いずれも10㎝位の厚みでたっぷりと苔が運び込まれていました。

190428_141615.jpg

 所が、ここで問題が…。 今まで二度にわたって巣立ち間近の雛たちが蛇の襲来を受けてたことがあるのです。 巣箱をかけて、シジュウカラが巣箱を利用し始めたことを確認できて以来、蛇襲来防止のために、どんな対策を取ったらいいのかずっと考えてきました。 数日前に使い古しのいらなくなったアクリル板があるというので、それを使って下のような笠状の形を作り、木の幹に取り付けてみました。
 
190430_155539.jpg

 左下の写真のハナミズキに架けられた巣箱は居間から眺めることが出来、ソファーに座りながら、雌が忙しく巣材を巣箱に運び込む姿が観察できます。 また、すぐそばの給餌台では、ヒマワリの種を食べにやって来たシジュウカラを観察することもできます。 長い間眺めていても見飽きることがありません。
 アクリル板の笠が蛇の進入を阻止してくれることを祈りながら、無事に雛たちが巣立っていくことを願う日々です。

190430_155516.jpg 190430_155622.jpg

スポンサーサイト



 野鳥

2 Comments

wagtail  

To okkoさん

二つの巣箱は5mほどしか離れていないので、
ちょっと心配しましたが、いい結果になりました。
刺激を与えないように、中を覗くのは控えていますが、
親の行動で繁殖ステージを推測しています。
餌を運び始めるのがいつになるのか楽しみです。
蛇対策、廃物利用ですが、うまくいって欲しいものです。

2019/05/04 (Sat) 19:54 | EDIT | REPLY |   

okko  

二つとも巣箱にシジュウカラが巣作りしたなんてすごいです。
しかも蛇対策も万全。まさかこの障害物を越えてくることはないでしょう・・・。
たくさんのヒナが無事育ってくれることを祈っています。

2019/05/04 (Sat) 15:36 | REPLY |   

Leave a comment