FC2ブログ

おりふしの記

ぶらり出掛けたその先で 偶然であったその場の様子を  気楽な気分でカメラにおさめました。 そして、その時の「映像」と「つぶやき」を wagtail流に思いつくままに日記風に綴りました。 その瞬間、瞬間に自然から受け取ったもの、感じたものを大事にしていきたいと思います。

冬に向けての 給餌台

 野鳥の多くは春から夏の子育ての期間、昆虫など、それぞれの種に適した動物質の餌を主食にしています。 
 冬は木々も枯れて、実がなり餌になるものが極端に減ってしまいます。 野鳥たちにとっても、餌を得るために苦労する季節になるのは疑う余地がありません。 ですから、冬は野鳥を餌付けするには絶好のシーズンと言えます。

181125_095701.jpg

 餌不足に悩む鳥たちにとって、人工的に作ってあげた餌場は鳥たちの生きる糧になります。 そこで、この期をとらえて、庭に野鳥を呼び込むための給餌台を設置してみました。
 少し時期的には早いかとも思いましたが、餌を用意して様子を見ています。 まだ設置して数日ですので、野鳥がこの餌場を見付けてやって来るまでには至っていません。 

181125_095739.jpg

 ちなみにこれらの給餌台などの材料は、全て次のような廃材利用です。
 庭の片隅に何年も転がっていた角材、動かなくなった置き時計のボックス部分、菜箸、使い道のない藤づるで編んだ籠、かき集めた木っ端、流木…。
 野鳥たちが餌を見付けて訪れるようになり、窓越しに家の中から野鳥の姿が見られるようになるかと思うと、ワクワクしてきます。

スポンサーサイト



 野鳥

0 Comments

Leave a comment