FC2ブログ

おりふしの記

ぶらり出掛けたその先で 偶然であったその場の様子を  気楽な気分でカメラにおさめました。 そして、その時の「映像」と 「つぶやき」を wagtail流に思いつくままに 日記風に綴りました。 その瞬間、瞬間の 自然から受け取ったもの、感じたものを大事にしていきたいと思います。

泥だらけの 稲刈り

 実りの秋を迎え、あちらこちらの田んぼで稲刈り作業をしている光景を見掛けます。 今年も義弟の依頼を受け、稲刈りの手伝いに行ってきました。 わたしは非農家育ちのためこうした作業には不慣れですが、恒例になったお手伝い作業。 今年は天気も上々、絶好の稲刈り日和です。

180923_084041.jpg

 車を走らせること20分余、好天に恵まれた日曜日とあって多くの田んぼで稲刈りをする姿が見られました。
 義弟のお宅の二枚の田んぼも黄金に実った稲が頭を垂れ、秋の陽射しを一杯に浴びながら刈り取りを待っていました。

180923_093351.jpg

180923_085144.jpg

 今年は、稲刈り機が二台揃いましたので、下の小さな田んぼはあっと言う間に刈り取りが済み、田んぼ一面に稲の束が揃いました。 稲を移動させ、ハゼ掛けの準備が整うと、上の田んぼの稲刈りと下の田んぼのハゼ掛けが平行して行われました。
 稲刈り機が二台運転され、作業に集まった人出が多い今年は楽勝かと思われましたが…。

180923_093057.jpg

 お昼にするというのでハゼ掛け作業を中断し上の田んぼの刈り取った後を見ると、随分柔らかそうで楽勝とは言えそうもない状況、嫌な予感がしました。 最初に稲刈りが終了した下の田んぼも柔らかかったのですが、そこそこに作業はできました。
 しかし、上の大きな田んぼで作業が始まると、誰もが泥だらけの状況で、急きょ昼食は部屋に入らず、屋外で採ることになりました。

180923_092939.jpg

 午後、刈り取りが進むにつれ田んぼの状況がはっきりと見えてきました。 義弟夫婦は勤め人ですから土日曜日の休日しか農作業に関われません。 なんとか稲刈りを終わらせたいという思いもあったのでしょうが、これではとても作業を続行することはできません。
 上の田んぼの3分の2ほどを残したまま、刈り取り作業は中断することとなりました。 とにかく機械で刈った稲だけはこのまま放置するわけにいきませんので、ハゼに架けることにしました。
 
180923_143353.jpg

 柔らかい泥田に足を取られながら、根元に泥が付いて重くなった稲束を全てハゼにかけ終わった頃には、みんな泥にまみれていました。 そう言えば、初めてここの稲刈りの手伝いをした時も、軟らかい田んぼ土に悩まされたことを思い出します。
 義弟も根っからの農業人でないので、今年は田んぼの水抜きのタイミングを誤ったのだろうと思います。 またここ数日雨が続いていたのも災いしたのかも知れません。

180923_143515.jpg

 残りの稲刈り作業には、声がかかったらまた来ようと思いながら、悪戦苦闘してかけ終わったハゼを眺め、農家の方々のご苦労を実感した次第です。 いただいている毎食のお米、感謝して食べないといけませんね。

スポンサーサイト

 日常生活

6 Comments

yamabousi  

稲刈り

こんにちは
お久しぶりでした、たわわに実った黄金色の田んぼ。お手伝いお疲れ様でした。
そちらでは”ハゼ掛け”と言うのですね。
昨今は機械化が進んで、コンバインで刈り取ってすぐにライスセンターで乾燥作業へ。今では手間かかりますが、昨今あまり見かけない光景ですがこの方がお米が大変美味しいそうですよね。販売されているお米も 架け干しした米は若干高く販売されているぐらいですから。
実りの秋・・おおお話でした。

2018/09/24 (Mon) 18:25 | EDIT | REPLY |   

wagtail  

To yamabousiさん

yamabousiさん、コメントありがとうございます。
懐かしく拝読させていただきました。
こちらでは、多くの田んぼでこのハゼ掛けが行われています。
「はぜかけ米」は太陽の光と自然の風により2週間ほどかけてゆっくり乾燥する「米と自然にやさしい乾燥方法」です。
ゆっくり乾燥させると、米の熟度が進み美味しいお米になるんだそうです。
非農家育ちのわたしには農作業をさせて頂くと、
初めて知ることが多く、学びや意識改革の場があり、ありがたいです。

2018/09/25 (Tue) 16:33 | EDIT | REPLY |   

白竜 (はく りゅう)  

稲刈り

こんにちは!
泥まみれになり 大変そうですね。
しかし、“ハゼ掛け”をして乾燥すれば、 お米が数倍美味しくなるそうなので、苦労しても“ハゼ掛け”をする方が良さそうです。

2018/09/25 (Tue) 17:30 | EDIT | REPLY |   

wagtail  

To 白竜 さん

稲刈りと脱穀の手伝いに行き始めて、7~8年になりますが、
農家の方々のご苦労を体で実感しています。
特に今回は、柔らかい足場の田んぼで、悪戦苦闘でした。
やはり2週間ほどかけじっくりと乾燥させたハゼ掛け米は、
おいしさが違うようですね。

2018/09/26 (Wed) 11:27 | EDIT | REPLY |   

タッキー  

おはようございます

収穫の秋ですね
毎年、この時期は秋雨に悩まされて、なかなか稲刈りができなくてヤキモキするんです・・・

雨続きで田んぼは乾かないので、先日ちょっとだけ知人の稲刈りを手伝ったときもお田植えができそうなくらい軟らかかったです・・・

今日は久しぶりの秋晴れ、稲刈りも少しは進む事でしょう

ついでに余計なことですが・・・

稲刈り用のバインダーって機械
自分も稲刈り機だと思っていたんですけれど、実は結束機なんだと誰かから教えられた時には目から鱗でした・・・

きっとwagtailさんならご存知かと思いましたが・・・

古い日記に失礼しました

2018/09/28 (Fri) 07:28 | REPLY |   

wagtail  

To タッキーさん

結束機というんですか。
いえいえ、農作業にはほとんど円のなかったわたしですので、
今の今まで、稲刈り機とばかり思っていました。
色々経験するって、やはり大事ですねぇ。

先日義弟がやってきて、一層田の状況が悪化したと口説いていました。
コンバインも考えたようですが、頼んでみると、順番待ちだとか…。
同じように困っている農家が多いのでしょうかね。
台風の接近によって、また明日から雨の予報。
「もう、腹を決めて、慌てないことにするよ」といっていました。
自然相手の農作業、ご苦労がしのばれます。

2018/09/28 (Fri) 19:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment