FC2ブログ

おりふしの記

ぶらり出掛けたその先で 偶然であったその場の様子を  気楽な気分でカメラにおさめました。 そして、その時の「映像」と 「つぶやき」を wagtail流に思いつくままに 日記風に綴りました。 その瞬間、瞬間の 自然から受け取ったもの、感じたものを大事にしていきたいと思います。

鳴き始めた 鈴虫

 もう一週間ほど前のことになるだろうか。 廊下の片隅で飼育している鈴虫の飼育容器からか細い鈴虫の声が聞こえました。 はじめは鳴く鈴虫の数も少なく、いかにも頼りげのない鳴き方でしたが、この頃は随分賑やかに鳴くようになってきました。 
 
180828_113720.jpg

180828_113733.jpg

 飼育容器の中を覗いてみると、産卵管を持った雌や羽根がすでに出そろった雄、まだこれから脱皮が必要な体の小さい鈴虫など、様々な成長段階の鈴虫が所狭しとうごめいています。
 鳴くようになってからは餌の食いもよく、動物質の餌、ナス・キュウリの野菜の交換、霧吹きなど、日々の世話が大変になってきました。

180828_113304.jpg

 鈴虫の体も成長とともに大きくなりますが、体を おおっている皮は大きくなりません。 そこで6~7回の脱皮を繰り返しながら成長していき、成体となります。 脱皮した直後の体や羽根は白いのですが、脱皮してまださほど時間が経っていない灰色の羽根の鈴虫も見られますが、脱皮した自分の抜け殻は食べて栄養を補給しています。 一足早く立派な羽根を付け、盛んに羽根をふるわせ鳴いている鈴虫も見られます。

180828_091739_201808300947134bd.jpg

 あと一ヶ月ほどはこの清々しいリーンリーンという鈴虫の声を聞きながら秋の夜長を楽しむことができます。 そして10月頃には、容器の中に無数の卵を産み付け、子孫を残してその一生を閉じるのです。 
 卵は翌年まで土の中で越年し、孵化の準備をして、来年の6月頃再び誕生の時を迎えます。

スポンサーサイト

 昆虫

4 Comments

タッキー  

こんばんは

PC越しのWagtailさんの写真を拝見しながら、虫の音が開けた窓から聞こえてきます。
コオロギとキリギリスでしょうか・・・鈴虫の声は聞こえてきません


秋の夜長と云いますが、ここのところ本当に陽が短くなって、少しばかりセンチメンタルになってみたり・・・(材木屋のオッサンには似合いませんかね笑)

こうしてアップで見る鈴虫・・・
産卵管云々・・・Wagtailさんの解説を読ませていただきながら、オスとメスの特徴を改めて確認する事ができました。
ありがとうございました。

2018/08/30 (Thu) 19:14 | REPLY |   

白竜 (はく りゅう)  

鈴虫

こんばんは!
鈴虫の鳴き声・・・風流ですね!♪(^^) 
今になって 飼いたくなりました(^^;) 
最後の鈴虫の お写真を拝見して・・・懐中電灯の光で撮った作品を思い出しました!
お時間がありましたら・・・一度 懐中電灯の光で 幻想的な鈴虫を撮ってみて下さいm(_ _)m  

2018/08/30 (Thu) 23:34 | EDIT | REPLY |   

wagtail  

To タッキーさん

まだまだ残暑が厳しい日々ですが、
庭の花壇などでキリギリスなどの虫の姿をよく見掛けるようになりました。
「暑い!暑い!」と言っている間に、確実に秋に向かっているのを感じます。
昨年知人からいただいたキリギリスが産み付けた卵が孵化し、
今年もこうして涼やかな鳴き声を楽しむことができました。
飼育容器の鈴虫の姿を見ていると、見飽きることがありません。

2018/08/31 (Fri) 20:03 | EDIT | REPLY |   

wagtail  

To 白竜 さん

脱皮を繰り返す鈴虫の成長を確かめながら、
昆虫の成長過程の変化を楽しんでいます。
暑さが厳しいよるなどは、鈴虫の鳴き声で、
一層爽やかな雰囲気を感じることができます。
余り何かを意図しての撮影はしたことがありませんので、
幻想的な写真が撮れますかどうですか…。

2018/08/31 (Fri) 20:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment