FC2ブログ

おりふしの記

ぶらり出掛けたその先で 偶然であったその場の様子を  気楽な気分でカメラにおさめました。 そして、その時の「映像」と 「つぶやき」を wagtail流に思いつくままに 日記風に綴りました。 その瞬間、瞬間の 自然から受け取ったもの、感じたものを大事にしていきたいと思います。

蝉の抜け殻

 暑い夏を夏らしく演出するのは、何と言ってもセミたちのにぎやかな声といえるだろう。 この時期ちょっと気をつけてみると、街路樹や林の木等でセミの抜け殻を見付けることができます。
 なんと意外なことに我が家のハクモクレンの根元にあるユリに、二体のセミの抜け殻を見付けました。

180726_075316.jpg

 アブラゼミかミンミンゼミの抜け殻ではないかと思うのですが、果たして抜け殻からそれを調べられるのか、さっそくネットで、「蝉の抜け殻」と検索してみました。 すると、
   アブラゼミの触角は、太く、毛が多く、根元から3番目の節が長く、2番目の節より1.5倍くらい長い
   ミンミンゼミの触角は、アブラゼミより細く、毛が少なく、3番目の節はほかの節とほぼ同じ長さ

とありました。
 とすると、どうやらこの二体は、アブラゼミの抜け殻のようです。
 さらに調べてみると、
   オスは、おしりの突起が1つで、メスは、おしりの突起が2つ(すべてのセミで共通)なのだそうです。
この写真からはおしりの突起は映っていませんが、先程ルーペを持って調べるといずれも突起は一つでした。
 これらの結果から、見付けた二体のセミの抜け殻は、アブラゼミの雄であることが判明しました。

180726_075328.jpg

 今回は、二体のセミの抜け殻からいくつかの知見を得ることができました。 生命の世界、まだまだわたしの知らないことがたくさんあります。 毎朝の散策がもう何年も続いていることの一つに、こうしてわたしにとっての様々な新発見に巡り会えた喜びがあるからかも知れません。

スポンサーサイト

 昆虫

2 Comments

タッキー  

おはようございます

早速調べてみちゃうあたりは、さすがWagtailさんですね!!

私は判らないんですが、一緒に里山の整備に関わらせていただいている友達は、ぱっと抜け殻を眺めては、セミの種類を言い当ててしまいます。

その友達はWagtailさんのように、草木や野鳥などにも詳しくて、フィールドにでは知らない事は無いんじゃないかと思うくらい・・・尊敬してしまいます。


台風12号の影響はいかがでしたか?
こちら伊那谷は台風一過か、とても穏やかな日曜日の朝を迎えました(その代わり朝から暑いですが・・・)

2018/07/29 (Sun) 06:31 | REPLY |   

wagtail  

To タッキーさん

これも性分でしょうか…。
しかし、知らないことばかりが多いわたしにとっては、
新たなことが分かった時の快感は、たまりません。
台風12号、色々対策は施しましたが、事なきを得てホッとしています。
こんな機会にと思い、初めてハザードマップなるもので、自宅付近の状況も調べました。
きょうは、また強い陽射しが戻ってきました。

2018/07/29 (Sun) 11:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment