FC2ブログ

おりふしの記

ぶらり出掛けたその先で 偶然であったその場の様子を  気楽な気分でカメラにおさめました。 そして、その時の「映像」と 「つぶやき」を wagtail流に思いつくままに 日記風に綴りました。 その瞬間、瞬間の 自然から受け取ったもの、感じたものを大事にしていきたいと思います。

今年も咲いた ママコナ

 朝、目が醒めてまず30分ほどの犬の散歩をすることからわたしの一日が始まります。 散歩から帰り餌を与えた後、今度は、わたし自身の健康保持も兼ねた1時間ほどの散策に出掛けます。 この時期、まだ日の出前だというのに山道に差しかかるともう汗がにじみ出てきます。 ゆっくり歩を進め、ようやく平坦な道に差しかかった頃、道端に可愛い赤紫の花を咲かせた群生地があります。

180724_060601.jpg

 これは雑草なんですが、毎年7月から8月にかけて、枝先に長さ5~10cmほどの花序を形成し、赤紫色の花を咲かせ、結構美しく、目を惹きます。
 ママコナという植物ですが、写真でも分かるように花冠の下唇には2条の白色の斑紋があります。 和名の「飯子菜(ママコナ)」は、この下唇の白斑をご飯粒に見立てたもの、あるいは若い種子がご飯粒に似ているからだと言われています。
 
180724_061022.jpg

 毎年見ている植物が同じ場所でこうしてまた花を咲かせているのを見付けると、「やぁ、今年も咲いたねぇ」と、不思議とホッとするものです。

スポンサーサイト

 山に咲く花

2 Comments

とんちゃん  

ママコナ

ママコナから次々と物語が生まれてきたみたいでステキ♪
ワンちゃん、朝の散歩 
いつものようにつつがなく営まれる日々はなににも代えがたく貴重だなってしみじみ感じました。
ご飯粒をつけたようなママコナってどこでも見られるわけではないので見つけるとワクワクします
トゲトゲがすごいですね
今まで気づかなかったです
待っていた野草に出会えうれしい日になりましたね♪

2018/07/26 (Thu) 07:49 | REPLY |   

wagtail  

To とんちゃんさん

毎年見掛ける花ですが、いつもの所にいつものように咲いているのを見ると、
環境の急変もなく、いつものように営まれたママコナの植生に一安心です。
肉眼では気付かなかった動植物の形態、
レンズを通して見て、初めて気付き、ハッとすることって多いです。

2018/07/27 (Fri) 20:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment