FC2ブログ

おりふしの記

ぶらり出掛けたその先で 偶然であったその場の様子を  気楽な気分でカメラにおさめました。 そして、その時の「映像」と 「つぶやき」を wagtail流に思いつくままに 日記風に綴りました。 その瞬間、瞬間の 自然から受け取ったもの、感じたものを大事にしていきたいと思います。

群れる カナブン

 今朝の散歩は、いつもより2時間ほど早め、朝の涼しい内に出掛けました。 それでも坂道に差しかかると、どんなにゆっくり歩いても汗がどっと出てくるのが分かります。 やはり、こんな時は木陰に入るのが一番、爽やかな風があるとホッとした気分にもなれます。

180713_063621.jpg

 車道脇のクヌギの幹を見ると、身体の色が緑色と胴色が交じり合っていて、光沢がある色をした甲虫がたくさん群れていました。 きっと樹液を吸いに集まってきたのだろうと思います。
 ところで、カナブンとコガネムシは別の種類の虫なのだそうですね。 昔は同じ虫の別の呼び名だと思っていましたが、両方とも「コウチュウ目コガネムシ科」に属しています。 外見の見分け方を調べてみました。

 カナブンは、頭部が比較的「四角い」。  羽の付け根の逆三角形が比較的「大きい」「二等辺三角形」。  比較的大きく、2㎝程度。  色は茶色、青色、緑色と様々だが、やや落ち着いた色調。
 コガネムシは、頭部が比較的「丸い」「半円形」。  羽の付け根の逆三角形が比較的「小さい」「丸みを帯びている」。  比較的小さく、1.5㎝程度。  色は緑色が多く、金属の派手な光沢がある。

とありました。 この写真の外見から見ると、この甲虫はカナブンだろうと思います。 いよいよ「甲虫の季節」、夏です。
スポンサーサイト

 昆虫

2 Comments

タッキー  

おはようございます

へぇ~~!
そうなんですか!
全くもって知りませんでした!
私もてっきり呼び名の違いだけなのかと・・・

呼び名といえば、カブト虫&クワガタ虫を武将の愛称をつけて呼ぶのは伊那谷の特色のようです

いよいよ甲虫類の季節ですね~~
お店に行けばなんでも売っている時代ですけれど、野山を駆け回り、カブト虫&クワガタ虫を捕まえ、水中メガネと銛で魚取り・・・

子供たちに味わってもらいたい夏の遊びですよね

2018/07/14 (Sat) 06:07 | REPLY |   

wagtail  

To タッキーさん

わたしは、カナブンとコガネムシが別種の甲虫であることを、最近になって知りました。
十日ほど前から、ホームセンターなどで虫飼育コーナーが設置されましたが、
やはり今年もクワガタやカブトムシも一緒に並んでいます。
間もなく夏休みがやってきますが、また子ども達が雑木林に虫取りにやってくるかも知れません。

2018/07/14 (Sat) 20:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment