FC2ブログ

おりふしの記

ぶらり出掛けたその先で 偶然であったその場の様子を  気楽な気分でカメラにおさめました。 そして、その時の「映像」と 「つぶやき」を wagtail流に思いつくままに 日記風に綴りました。 その瞬間、瞬間の 自然から受け取ったもの、感じたものを大事にしていきたいと思います。

二作目の野鳥の巣箱

 以前このブログに掲載しましたように、6月に毎年設置していた野鳥の巣箱が壊れてしまったので、ホームセンターで1×4材(ワンバイフォー)を使って切り妻屋根の野鳥の巣箱を新しく作り直しました。 いずれ、他の木に移動する予定でいますが、今のところこの春まで設置していたハクモクレンの木に取り付けてあります。
 今まで二つの巣箱が設置されていたのですが、材木が高価なため、一つだけにしていました。 色々な店を見付け歩いていると安価な杉板が手に入りましたので、二つ目の巣箱を作ってみました。

180622_135740_2018070617273844e.jpg

 今回は杉板ですので、焼き杉の技法を使ってみました。 杉板の表面を草焼きバーナーで焼き、こすって炭化した部分を落としてやります。 作り方は全開の方法とほとんど同じですが、屋根部分は、切り妻屋根から片流れ屋根に変更し、簡単にしました。 計画に沿って各パーツを組み立てていきます。

180622_160146_20180706172739046.jpg

 今回使用した杉板は一作目の板より薄かったので、接着剤も併用しながら釘と木ねじを併用しながら板を割らないように慎重に作りました。 背板に底板と側面の板を組み立て、前面の板、最後に屋根の順です。
 多くの場合は、屋根を開閉式にするのですが、わたしは野鳥が使用後の掃除を考え、前回同様、前の下部分を開閉式にして掃除しやすいようにしました。 (観察するには屋根の開放式の方がいいかもしれませんが、わたしは野鳥の育雛中に巣箱を覗く気は全くありませんので、この方式にしました。)

180622_160930_201807061727398d4.jpg

 二つの巣箱は、それぞれ庭の西側の垂れ桜と南側のハナミズキの木に取り付ける予定でいます。 蛇対策も何となく構想が出来上がりましたので、巣箱を利用する時期までには、細工しようと考えています。
 来春、どんな野鳥が利用してくれるか楽しみです。

180622_162947_20180706172741450.jpg


スポンサーサイト

 野鳥

4 Comments

タッキー  

こんばんは

前回同様、素晴らしい巣箱ができましたね!

白木もいいですけれど、焼き杉にするとまたアジがでていいものですよね。耐久性も上がりますし!

今日はありがとうございました、無理な御願いをスミマセン。

2018/07/06 (Fri) 22:02 | REPLY |   

wagtail  

To タッキーさん

野鳥の巣箱づくりをいくつもするなんて、笑われてしまうかも知れませんね。
焼き杉板は、耐久性の面でも見た感じも好きでよくやります。
野鳥に塗装の巣箱では、様になりませんしね…。

きょうの機会をつくっていただき、楽しみにしております。

2018/07/07 (Sat) 07:26 | EDIT | REPLY |   

白竜 (はく りゅう)  

巣箱

こんにちは!
お疲れ様です!
焼きを入れると・・・なかなか渋い 良い感じになりますね!

>野鳥の育雛中に巣箱を覗く気は 全くありません・・・

そうですよね。
覗いても 何のメリットもないし・・・育雛中に周囲が煩いと・・・育雛を放棄する場合もありますからね!

2018/07/08 (Sun) 16:53 | EDIT | REPLY |   

wagtail  

To 白竜 (はく りゅう)さん

焼き杉板の感じ、いいですよね。
見た目もよし、耐久性もよしです。

やはり野鳥の育雛の妨げになることだけは避けたいと思います。
育雛の場を提供し、楽しませてもらっています。

2018/07/08 (Sun) 19:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment