FC2ブログ

おりふしの記

ぶらり出掛けたその先で 偶然であったその場の様子を  気楽な気分でカメラにおさめました。 そして、その時の「映像」と 「つぶやき」を wagtail流に思いつくままに 日記風に綴りました。 その瞬間、瞬間の 自然から受け取ったもの、感じたものを大事にしていきたいと思います。

オカトラノオが 咲き出した

 一週間ほど前から、わたしの散歩道の道端で、白い花を花穂状に咲かせたオカトラノオが咲き始めたのが目に付くようになりました。 6~7月は野草の花が少ない時期だけに、この時期の風物詩とでも言っていい花です。

180623_085238.jpg

180623_085405.jpg

 オカトラノオの花穂を見ると、花が開きしべが成長して熟れていく様子がよくわかります。 オカトラノオの花穂では、全部の花が一斉に開いていることはありません。 花穂の先のほうの花が開きだしたころには、花穂の基のほうの花はもう終わってしまって、実ができはじめているのです。 花穂は花が咲きだしたこの時期からしばらくが一番美しく、魅力に溢れています。

180622_082337.jpg


 白い花穂は先端が長く垂れ下がって、確かに虎の尻尾を思わせます。 オカトラノオとは、うまい名前を付けたものです。 これからしばらくの間、朝の散策のたびにオカトラノオの花を楽しむことができそうです。

180623_085432.jpg


スポンサーサイト

 山に咲く花

0 Comments

Leave a comment