FC2ブログ

おりふしの記

ぶらり出掛けたその先で 偶然であったその場の様子を  気楽な気分でカメラにおさめました。 そして、その時の「映像」と 「つぶやき」を wagtail流に思いつくままに 日記風に綴りました。 その瞬間、瞬間の 自然から受け取ったもの、感じたものを大事にしていきたいと思います。

雨に濡れる ホタルブクロ

 いつものように起床してすぐに、30分ほどの時間犬の散歩に出ました。 鉛色の雲が空一面広がってはいましたが、なんとか散歩中には雨は落ちてきませんでした。 しかし、朝食を済ませ、次の日課である「わたしの散歩道」の散策に出ようとした頃から、天気予報通りポツリポツリと雨が降り始めました。 こうなっては今朝の散策は諦めざるを得ません。

180615_121846.jpg

 久しぶりに大分しっかりと降り続いた雨でしたが一旦昼頃に上がりました。 朝の散策に出られませんでしたので、久しぶりに庭に咲いていたホタルブクロにカメラを向けてみました。 信州では、このホタルブクロアメフリバナと呼ぶ地方もあります。
 子どもの頃は、「アメフリバナが咲いたから、梅雨になるね」 とか 「アメフリバナをとると雨が降るっていうから、とらない方がいいよ」 などと言っていたものです。
このホタルブクロは、ちょうど6月中旬頃から7月中旬頃の間に咲くので、“雨降り花” と言うのでしょうか?

180615_121802.jpg

 雨に打たれた直後のホタルブクロの花には雨露がたくさん付いていますが、それにしても、この下向きの袋の花は、きょうのような雨降りには誠に好都合にできています。
 ちなみに、このホタルブクロのことを、アメフリバナの他に、チョウチンバナ、フクロンバナ、チャンブクロ、ツリガネソウ等と呼ぶ地方もあるようです。

スポンサーサイト

 庭に咲く花

4 Comments

タッキー  

おはようございます

アメフリバナとは呼んだ記憶は無いですが、取ると雨が降る?なんて云われた覚えはあります。

伊那谷はぐずついたお天気でしたが、まとまった降水とはならずに、良かったような悪かったような・・・笑

やはり信州は紫のホタルブクロが圧倒的に多いんですかね・・・
真っ白なホタルブクロは関西?西日本に多いそうですね、
私の知る限りですが伊那谷で白いホタルブクロが咲く場所が2ヵ所ありまして、人為的に植えられたものなのか、それとも自然に生えたものなのか・・・はてさて

季節の変わり目ご自愛くださいませ

2018/06/16 (Sat) 05:30 | REPLY |   

wagtail  

To タッキーさん

季節季節に、気になる野辺の花がありますが、
ホタルブクロもその一つです。
この花を路傍で見掛けると、ついカメラを向けてしまいます。
各地に様々な野花の呼び名があり、調べるとおもしろいです。

2018/06/17 (Sun) 10:57 | EDIT | REPLY |   

TORU  

あめふり花っていうんですねー。確かにこの季節に咲きますもんねー。東京でも時々植え込みなどで見かけることがあります。

2018/06/18 (Mon) 21:27 | REPLY |   

wagtail  

To TORUさん

このホタルブクロを見付けると、和の風情を感じ、
思わず足を止めてしまいます。
趣のある、魅力的な花ですね。

2018/06/19 (Tue) 18:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment