おりふしの記

ぶらり出掛けたその先で 偶然であったその場の様子を  気楽な気分でカメラにおさめました。 そして、その時の「映像」と 「つぶやき」を wagtail流に思いつくままに 日記風に綴りました。 その瞬間、瞬間の 自然から受け取ったもの、感じたものを大事にしていきたいと思います。

鶴峯公園のツツジ

 GWが終わりました。 わたしはもう「サンデイ毎日」の身ですので、GWも何も関係ありません。 しかし、毎年GWの期間中は、どこの道路も県外車で渋滞が発生し、どこに行っても観光客で混雑していますので、じっと息を殺すようにGWが過ぎ去るのを待って自宅待機です。
 ようやくそのGWも明けましたので、昨日は、満開の時を迎え「つつじ祭り」を開催中の岡谷市にある鶴峯公園のツツジを見に行ってきました。

180508_114144.jpg

 中部日本一のつつじの名所だけに、GW開けの平日にかかわらず、バスの団体客をはじめ、観光客で賑やかでした。 平日でさえこの状態ですから、きっとGW中は凄い人出だったのではないかと思います。
 春の桜のお花見も勿論いいですが、初夏の陽気の中、こうして色とりどりのつつじに囲まれるのも、また風情があり華やかな気分になれるものです。

180508_115831.jpg

180508_115909.jpg

 この見事なツツジが咲く鶴峯公園の謂われはというと、まず、昭和10年に一町歩(一万㎡)に及ぶこの一帯が片倉から川岸村に寄付されました。 村ではこれを記念して、園内に300株のつつじを植える事にし、つつじを埼玉県安行から購入することにしました。 ところが、安行側の勘違いで貨車3台分のつつじが送られて来ましたが、返品もできず、何日もかかって植え込みました。 つまり、この”勘違い”が現在のつつじの名所を生んだのだということです。  全山を埋め尽くすつつじは、30種余り、3万株と言いますから、まさに圧巻です。
 赤、白、橙など様々に咲き揃った圧倒的なツツジの風景を何年ぶりかで楽しむことができました。

180508_115218.jpg

スポンサーサイト

 花園

0 Comments

Leave a comment