FC2ブログ

おりふしの記

ぶらり出掛けたその先で 偶然であったその場の様子を  気楽な気分でカメラにおさめました。 そして、その時の「映像」と 「つぶやき」を wagtail流に思いつくままに 日記風に綴りました。 その瞬間、瞬間の 自然から受け取ったもの、感じたものを大事にしていきたいと思います。

ヤマザクラ 咲く

 散歩道の外れの車道脇にソメイヨシノが5本ほど植えられています。 数年前から樹冠一杯に桜を開花させるようになった幼木ですが、満開の時を迎え、数日前から風に吹かれて散り始めました。 散歩道周辺では、ソメイヨシノが見頃を迎え散り始めると、それに代わるように咲き始めるのがヤマザクラです。

180408_093643.jpg

 散歩道周囲の雑木林の中にひときわ樹高の高いヤマザクラの木を何本か見ることができます。 数日前からそのヤマザクラの花が開花し始め、冬枯れの寂しかった雑木林に彩りを添えています。
 ソメイヨシノの華やかさを感じさせるような花風景はもちろん圧倒されるような美しさは魅力に溢れています。 それに引き替え、ヤマザクラは何と楚々とした雰囲気で、奥ゆかしい花風景であることか…。

180408_092337.jpg

 日本の桜の品種は全て合わせて数えると約600種類以上になると言われています。 そんな桜を大雑把に分けると「山桜」「里桜」で区別されるのはご存知かと思います。 「山桜」は野生の桜で、「里桜」は品種改良された桜です。 その山桜と里桜の代表的な品種はというと、山桜には「ヤマザクラ」、里桜は「ソメイヨシノ」 といえましょう。

180408_091104.jpg

 ソメイヨシノは、花が散った後に新緑が出て葉桜になりますが、ヤマザクラは、開花と同時に葉が出るのが特徴です。 また、ヤマザクラは開花時期に個体差があるため一気に散るということがなく、毎年朝の散歩のたびに長期間にわたってお花見を楽しみながら歩いています。
 今年は先日伊那谷へ行ってきたのが唯一のお花見でしたが、今年もしばらくの間は趣のあるヤマザクラの花を愛でながらの朝の散歩が続きそうです。 こんな枝に野鳥がやってきて、パチリとできれば最高なんですが…。

180408_092518.jpg


スポンサーサイト

 山に咲く花

3 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/04/10 (Tue) 20:18 | REPLY |   

タッキー  

おはようございます

一気に咲いて一気に散って行く染井吉野もキレイですけれど、山肌を錦に染める山の桜もいいですよね

カスミザクラに、ウスズミザクラ、ウワミズザクラ辺りは伊那谷でも見かけるらしですけれど、微妙な違いは見分けられないという・・・(笑)

2018/04/11 (Wed) 06:30 | REPLY |   

wagtail  

To タッキーさん

過遠目に見ると霞んだように見えるヤマザクラを見ると、
もう春の後半に入ったような気持になります。
ヤマザクラにもかなりの種類があるようですが、
花びらの色が違うなぁと思う位で、わたしには区別が付きません。
ヤマザクラの楚々とした雰囲気が大好きです。
花期が比較的長いので、しばらくは楽しめそうです。

2018/04/12 (Thu) 09:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment