FC2ブログ

おりふしの記

ぶらり出掛けたその先で 偶然であったその場の様子を  気楽な気分でカメラにおさめました。 そして、その時の「映像」と 「つぶやき」を wagtail流に思いつくままに 日記風に綴りました。 その瞬間、瞬間の 自然から受け取ったもの、感じたものを大事にしていきたいと思います。

伊那谷の花見

 10日ほど前に南信州に住まいしている息子夫婦からお花見の誘いがありました。 訪問地はお任せで計画してもらい、光前寺の垂れ桜、坂戸橋の桜トンネル、大草城趾公園の桜の三カ所のお花見をさせてもらいました。 声をかけてもらった頃すでに桜は見頃でしたので、昨日訪問した時は阿見頃は少し過ぎてはいましたが、今年初めてのお花見を十分楽しむことができました。

180407_113923.jpg

 伊那といえば県下屈指の大寺である光前寺の垂れ桜が有名ですが、最初に訪れたのは、その光前寺でした。 今までにも何度か訪れているお寺ですが、境内には約70本の垂れ桜があり、見事な景観で何度訪れても見応えのある場所です。 夜間はライトアップされた夜桜も楽しめるようですが、きっとすばらしい光景でしょうね。
 
180407_114236.jpg

 自宅を朝出て伊那に到着したのが、11時近くでしたので、光前寺の花見をして参拝するともう昼食時間でした。 伊那伝統の味「ソースかつ丼」を食べさせてもらいました。 ソースかつ丼で人気の高い駒ヶ根の明治亭へ待ちは覚悟で行きました。 キャベツの量がすごくてビックリしますが、ソースが美味しいカツ丼を堪能することができました。

180407_131755.jpg

 さらに大勢の客が順番待ちをしている店を出て、次に向かったのは、中川村の坂戸橋です。 国道153号線沿いの坂戸橋と桜並木の織りなす風景は風情があり素敵でした。

180407_143032.jpg

 坂戸橋手前に植えられた桜のトンネル、時期が少し遅かったのですが、満開の時でしたらさらに見事だったと思います。 交通量はさほど多くありませんでしたので、道路中央から一枚パチリと撮らせてもらいました。

180407_143502.jpg

 そして、最後に立ち寄ったのは、昭和60年から公園整備が行われ、桜の植栽も行われた大草城趾公園です。
 公園内にはソメイヨシノ、エドヒガン桜など10種類以上の桜が合計200本以上植えられているそうです。 ご覧のようにすでに散り急いでいる桜の木が多かったのですが、桜の種類と本数が多いためか、まだ十分に見応えのする公園でした。

180407_145640.jpg

  カメラマンの人気のスポットらしく、冷たい風が吹く寒い日でしたが、お花見客や何人ものカメラマンの姿がありました。 この日は雲が多く中央アルプスが見られませんでしたが、中央アルプスの残雪を背景とした桜の風景が最高だそうです。

180407_151051.jpg

 伊那谷には素敵な桜の名所が他にもいくつもあるようですが、短い時間で効率よく素敵なお花見をすることができました。
 さいごに、息子の奥さんの実家にも立ち寄らせてもらいました。 暖かいコタツに当たりながら、心のこもった南信の手作り料理をたくさんいただき、久しぶりの再会で話に花を咲かせました。 たくさんのお土産と暖かい気配りをいただき、夕方、帰路につきました。
 帰りの峠では雪が降り始めるような寒い日でしたが、素敵な機会を作ってくれた息子夫婦に感謝の一日でした。

三カ所のお花見の詳細については、後日「信州撮りある記」で紹介したいと思います。

 
スポンサーサイト

 プチ旅

2 Comments

タッキー  

こんにちは

アレレ・・・中川村に?我が家は午後からアンフォルメル中川村美術館に出かけておりましたニアミスですかね~

長女とサークル仲間が、同美術館に呼んで頂いて演奏会でした。

演奏会のあとは、我が家で少しばかりお茶を飲み、様々な話しに花を咲かせました。

先週末の春の嵐のような風雨で、早々に咲いた桜も短い観桜期を終えようとしている伊那谷です

一度wagtailさんに挨拶したいと思っております。また伊那谷にお越しの際にはぜひご一報頂けましたらと思います。

2018/04/09 (Mon) 12:51 | REPLY |   

wagtail  

To タッキーさん

途中飯島町も通過しましたので、材木屋さんがあるかなと、
キョロキョロしましたが、見付かりませんでした。
南信にはよく足を運びますので、お会いできるチャンスがあるかも知れませんね。
伊那谷の思わぬ場所でのお花見を楽しむことが出来ました。
きっと一人では訪れないだろう、趣のある場所も目に出来、いい一日になりました。
伊那谷は、魅力一杯ですねぇ。

2018/04/09 (Mon) 16:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment