FC2ブログ

おりふしの記

ぶらり出掛けたその先で 偶然であったその場の様子を  気楽な気分でカメラにおさめました。 そして、その時の「映像」と 「つぶやき」を wagtail流に思いつくままに 日記風に綴りました。 その瞬間、瞬間の 自然から受け取ったもの、感じたものを大事にしていきたいと思います。

戸倉セツブンソウ群生地

 セツブンソウはキンポウゲ科に属する多年草で、日本の固有種です。 長野県千曲市にある戸倉セツブンソウ群生地は全て自生している野生種で東日本の北限に当たります。 毎年花の見頃を迎えた頃訪問していたのですが、今年は諸事情があり訪問が随分遅くなってしまいました。

180327_113833.jpg

 戸倉群生地のセツブンソウは長野県下最大級の広さ、いつもならば白い花が林床一面に咲いているのですが、やはり訪問が遅かったため、ほとんどのセツブンソウは終わりの時期を迎えており、きれいな整ったセツブンソウの花を見付けるのに苦労するほどでした。
 もう一週間か十日前だったら間に合ったかも知れません。

180327_102929.jpg

 花の咲いている様子や花が短命で散ることからスプリング・エフェメラル(春の妖精)ともいわれる希少な花で、長野県版レッドリストには絶滅危惧Ⅱ類(絶滅の危険が増大している種)に指定されています。

180327_104235.jpg

 今まで「花」という言葉を使ってきましたが、花びらに見える白い部分は萼片で、内側の黄色の部分が花びらです。 落葉広葉樹が開葉する前の早春の陽射しを浴び、残り少なくなったセツブンソウが最後の美しさを演出し咲き誇っていました。

180327_102627.jpg

スポンサーサイト

 山に咲く花

4 Comments

okko  

憧れのセツブンソウ

セツブンソウの群生、私もこの目で見たいです。
滋賀県には伊吹山(滋賀県の最高峰)の麓にあるのですが、
まだ行ったことがありません。花友さんが先日行かれたのですが
既に遅かった、残念と言われていました。

来年は花苗を購入して育ててみたいなと思っています。

2018/03/27 (Tue) 20:11 | REPLY |   

とんちゃん  

美しい♪

思わず生つば飲み込み見入っています♪
なんてきれいなのかと! まるでルーペ越しに見ているようです
アップで見るとたまりませんね
少し遅かったのは気持ち的に残念でしょうけれどおっしゃる通り誇らしげに見えます~
価値はまだまだ十分持ち続けているのですね
私も今期はセツブンソウの見頃を逃し悔しいのです。

2018/03/28 (Wed) 07:43 | REPLY |   

wagtail  

To okkoさん

花友さんもセツブンソウの見頃時期に遅れをとったんですね。
わたしはちょっと腰を痛めてしまい、訪問が遅れたのですが、
今年は例年より少し早かったのでしょうか。
セツブンソウの苗も売っているんですか。
ほとんどの園芸種が作られ、販売される時代。
捜せばあるものですね。

2018/03/29 (Thu) 11:12 | EDIT | REPLY |   

wagtail  

To とんちゃんさん

群生地を訪れた時は、もう見頃をずいぶんすぎており、
ほとんどが徒長気味で、花も終わっていました。
こうなるとアップで撮影しかなく、マクロレンズを使いました。
本当は斜面一面に白い花が咲き乱れる光景を期待して行ったのですが、残念です。
この群生地はボランティアの方々が保護活動をし、年々整備が進んでいます。
来年再度訪れてみたいと思います。

2018/03/29 (Thu) 11:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment