おりふしの記

ぶらり出掛けたその先で 偶然であったその場の様子を  気楽な気分でカメラにおさめました。 そして、その時の「映像」と 「つぶやき」を wagtail流に思いつくままに 日記風に綴りました。 その瞬間、瞬間の 自然から受け取ったもの、感じたものを大事にしていきたいと思います。

春の使者 土筆(つくし)

 頬に当たる風はまだまだひんやりとしてはいますが、日中の陽射しは明るく随分強くなってきました。 そんな春の陽射しが終日当たる土手をのぞいてみると、「土筆(つくし)」が2㎝ほど頭を出していました。 土筆という名の通り、頭は筆の穂に似ていて何ともかわいい植物です。

180316_132305.jpg

 この土筆の地下には長い地下茎があり、土筆の後にはスギナが生えるのですが、土筆の群生している地面を見るとスギナの枯れ葉が地面を覆っているのが確認できます。
 筆の穂先によく似た頭から胞子を飛ばすのですが、細かく観察してみるとそんな雰囲気が見て取れます。 暖かな陽射しの中にこうして頭を出した土筆を見付けると、「春がやって来たな」と実感できるのです。
 
180316_132136.jpg
スポンサーサイト

 植物

4 Comments

白竜 (はく りゅう)  

土筆

こんにちは!
いよいよツクシが出ましたか!
春の訪れを実感出来て 嬉しいですね♪(^^) 

2018/03/17 (Sat) 18:07 | EDIT | REPLY |   

okko  

ツクシ

最近はなかなか見かけなくなった土筆ですが、私の中では
やはり春と言えば土筆です。なぜだか子供のころを思い出
させてくれる大事な植物なんです。
何とも素朴なそしてほっとするような雰囲気が大好きです。

2018/03/17 (Sat) 20:24 | REPLY |   

wagtail  

To 白竜 (はく りゅう)さん

暖かな日差しが差すようになり、
あちらこちらで小さな春を見付けられるような季節を迎えました。
子どもの頃から馴染みの土筆、
春ですねぇ。

2018/03/18 (Sun) 11:31 | EDIT | REPLY |   

wagtail  

To okkoさん

土筆は、子どもの頃から馴染みのある植物の一つですよね。
筆の先を思わせるこの姿にも、心惹かれたのでしょうか。
小さい頃、ポカポカ陽気の早春に
土筆を手に一杯摘んだことを思い出します。

2018/03/18 (Sun) 12:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment