おりふしの記

ぶらり出掛けたその先で 偶然であったその場の様子を  気楽な気分でカメラにおさめました。 そして、その時の「映像」と 「つぶやき」を wagtail流に思いつくままに 日記風に綴りました。 その瞬間、瞬間の 自然から受け取ったもの、感じたものを大事にしていきたいと思います。

幻想的な花 クロタネソウ

 今年、我が家の庭で初めて花を咲かせたクロタネソウの花です。 知らない間に屋外水道のそばで花を咲かせたのです。 一昨年でしたか、道端に生えていたこの珍しい花が目に留まり、種を少しいただいてきた記憶があります。

170605_111733.jpg

170605_085301.jpg

 種はいただいてはきたものの、花の名前も育て方も分からず手を尽くして調べた結果、種は嫌光性で秋蒔き一年草である 「クロタネソウ」 という名の植物だということが分かりました。 ところが、その頂いた種を蒔いた記憶がほとんどないのです。
 しかも3カ所ほどの予想もしないような悪条件の場所で花を咲かせているため、自分としてはこぼれ種で自然に生えてきたという印象なのです。

170605_084906.jpg

 咲いているクロタネソウの一輪をよく観察してみると、八重咲きで白色の夢見るような何とも奇妙で幻想的な花です。 実は、この花びらに見えるのはガク片で、本来の花びらは退化して、雄しべの基部にありますが微細で目立ちません。  キンポウゲ科の多くの花はこうした傾向がありますが、調べてみると、クロタネソウも矢張りキンポウゲ科でした。
 細い針金のような葉の中に花をつける姿が幻想的なクロタネソウですが、英語では 「ラブ・イン・ア・ミスト(love in a mist:霧の中の恋)」 といい、フランスでは葉の様子から 「ヴィーナスの髪」 と呼ばれ、ドイツでは 「緑のなかの処女」 と呼ばれるそうです。
 細く分かれた葉に、ふんわり包み込まれるように、3㎝ほどの花が楚々と咲く様子が実にロマンティックに表現されているように思います。

 さらに花の散った上部に目を移すと、ふっくらとふくらんだぼんぼり形の果実がいくつも実っていました。

170605_111620.jpg

 果実の頂部に柱頭の名残なのか、角のような突起物になっています。 まるで悪魔の形相に見えるので、この果実を 「デビル・イン・ア・ブッシュ(devil in a bush:茂みの中の悪魔)」 と呼んでいます。
 そう言えばこの種子、このように形がとてもユニークですから、ドライフラワーになって花屋さんにぶら下がっていたのを見掛けたことがあります。

170605_111655.jpg

170605_085228.jpg

 この果実の中には多くの黒いゴマのような種が入っており、和名のクロタネソウ (黒種草) の由来になっています。 果実がパンパンに膨らんだら、花茎を切り取り、輪ゴムなどで数本を束ねて風通しの良い日陰で逆さに吊るして乾燥させればドライフラワーができるようなので、試しにやってみようかと思ったりもしています。

170605_111601.jpg

170605_085331.jpg

 また、今年はこんなにたくさん花が咲いてくれましたので、種子を採種して、もっと生育条件のよい場所に種を蒔き、将来的にはクロタネソウの花壇を造ってみようかなどと花壇場所の算段をしています。 初めて咲いたクロタネソウを見ながら、次々と楽しい思いが広がります。

スポンサーサイト

 庭に咲く花

4 Comments

しおん  

こんにちは!
ブログを移行されるのですね。
この花 花もユニークですが 種もまた面白いです!
蒔いた記憶がないのに こんなに沢山の珍しい花が咲いている姿は嬉しいですね。
野鳥の森にお出かけになられたのですね。
数年前より我が家周辺も野鳥の種類が減ったような・・・
ガビチョウばかり元気に騒いでいます。
早朝は可愛い鳴き声もよく聴こえてきます。

2017/06/05 (Mon) 16:50 | REPLY |   

wagtail  

To しおんさん

いずれ完全にこちらのブログに引っ越しし、一本化するつもりでいます。
頂いてきたクロタネソウですが、知らぬ間に花を咲かせて嬉しい限りです。
花も実も一風変わった形で魅力に溢れています。
こんなに咲きましたので、種もたくさん取れそうですから、
この秋には種蒔きをして、たくさん増やそうかななどと捕らぬタヌキの皮算用をしています。
軽井沢小鳥の森は、三度空振りで、がっかりしています。
きっと訪れた時間帯がまずいのでしょう。(矢張り早朝ですかね。)
わたしの散歩道周辺でも3年ほど前から籠抜けのガビチョウが鳴いています。
通年観察できますので、繁殖もしているかも知れません。

2017/06/06 (Tue) 18:34 | EDIT | REPLY |   

タッキー  

こんにちは

なんとも不思議な魅力を持った花ですね~クロタネソウって云うんですか
嫌光性との事ですから、日当たりの良くない場所のほうが適しているのかも知れませんね・・・

あれっ?いつもの違うレイアウト・・・と思ったら、ブログを移行されるんですね、以前私が書かせていただいたコメントまで新しいサイトに記されていて、少々驚きました。。。

コメントごと移行できる便利なツールがあって、私も一度使わせていただいた事があります
さて、
いよいよ梅雨に入ってしまいましたね・・・ジメジメしとしと憂鬱になりがちな梅雨で、なかなか梅雨を楽しむなんて域には達しそうにありませんが、これもお天道様の恵みと思えるように、少しでも心に余裕を持ちたいと思います。

追伸
お手数ですが、もし可能でしたらブログ村の登録URLも変更していただけると嬉しいです

2017/06/07 (Wed) 18:57 | REPLY |   

wagtail  

To タッキーさん

嫌光性ですから種を蒔いたら深めに土をかぶせてやります。
5mm以上土をかけますが、浅いと発芽しないようです。
花も実も何ともユニークで、魅力に溢れた花ですよね。

ブログの移行、現在のところウェルビブログとFc2ブログの両方を更新しています。
引っ越しはどうやらこのサイト間ではうまくいかないようで、5月分から
コピーしてきました。
しばらくはこの状態を維持しようと思っていますが、いずれはこの新「おりふしの記」に一本化する予定です。

ブログ村の件、お知らせありがとうございました。
すっかりそんなことは忘れておりました。
ブログにバナーも貼ってありませんし、今は全く機能させていません。
兎に角いい加減なwagtailで、お恥ずかしい限りす。
まだウェルビブログは機能していますので、一本化するまで、このままで行きたいと思います。
こう言いながらも、新ブログをリンク村にまた登録してしまいました。
ほとんど意味がないのに…、やることが支離滅裂なんです。

2017/06/08 (Thu) 09:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment