FC2ブログ

おりふしの記

ぶらり出掛けたその先で 偶然であったその場の様子を  気楽な気分でカメラにおさめました。 そして、その時の「映像」と 「つぶやき」を wagtail流に思いつくままに 日記風に綴りました。 その瞬間、瞬間の 自然から受け取ったもの、感じたものを大事にしていきたいと思います。

「信濃三十三観音札所巡り」 のスタート

 信州には、長い歴史を伝える 「信濃三十三観音」 があります。 祈りと安らぎの道を求めて、この三十三の観音様と縁を結ぶ旅をしてみようと思い立ちました。
 手始めに南信二ヶ寺をお参りしようと出掛けましたが、24番札所の「阿弥陀寺」(諏訪)は、「参道が凍結して危険に付き3月末までの参拝はご遠慮下さい」という掲示があり、最初からうまくいきません。 また春になっての再訪としました。

180302_143340.jpg
(上) 仲仙寺 観音堂         (下) 鐘 楼
180302_143925.jpg

 次に立ち寄ったのは、伊那の22番札所 仲仙寺です。 まだ境内には雪が残っていましたが、なかなか趣のある建物で、羽広の観音様として知られている観音堂が本堂です。 これら 「信濃三十三観音札所巡り」の詳細については、今後別コーナーで掲載していきたいと考えています。

 伊那まで行きましたので、いつものパターンで「かんてんパパ」にも立ち寄ってみました。 長い時間車の運転が続きましたので、休憩も兼ねて、 「さつき亭」 で昼食をとることにしました。

180302_134448.jpg

 メニューを見ると、「春の御膳」 というメニューが一番最初に目に入りましたので、それを頼むことにしました。 しばらくして運ばれてきた料理を見ると、ちらし寿司、煮物と漬け物の小鉢二品、三色団子桜あん、味噌汁がお盆の中に並べられていました。 彩りのきれいなちらし寿司と桜あんを添えた三色団子が春らしさを感じさせてくれています。 まさに目で春を感じさせるような料理、「春の御膳」 の命名がピッタリというメニューです。
 
180302_131720.jpg

 長時間の運転の後でしたが、春を目で楽しみながら昼食をとり、食後は好きな珈琲を飲む至福の時間となりました。
 今回の 「信濃三十三観音札所巡り」 は、出足からつまずき、「仲仙寺」 一ヶ寺しか回ることができませんでしたが、今後ゆっくりと月日をかけながら三十三観音を巡りきりたいと思っています。 もちろん、全行程歩くわけではなく、車で回る現代風観音巡りですが…。 満願の時は、いつのことになりますやら…。 のんびりとしたマイペースの観音巡りなのです。

180302_133441.jpg

スポンサーサイト

 文化

0 Comments

Leave a comment