おりふしの記

ぶらり出掛けたその先で 偶然であったその場の様子を  気楽な気分でカメラにおさめました。 そして、その時の「映像」と 「つぶやき」を wagtail流に思いつくままに 日記風に綴りました。 その瞬間、瞬間の 自然から受け取ったもの、感じたものを大事にしていきたいと思います。

ヒメオドリコソウ

 ひと頃より随分温かさを感じるようになったとはいえ、まだまだ毎朝池には氷が張るような厳しい寒さの中、空き地の一角の日だまりで、ヒメオドリコソウ(姫踊子草)が、花をつけ始めているのを見つけました。 ヒメオドリコソウは、日本のオドリコソウに似ていますが、先端の方の葉は黒紫色で、早春の日溜まりに群生して小さくて可憐で可愛い花を咲かせています。

180226_151433.jpg

 オドリコソウより小さく可憐で可愛らしい野花を、「姫」をつけて「姫踊り子草」としたのが、ヒメオドリコソウの名前の由来のようです。 春風になびきながら、ピンクに色づき群生して咲いている様子は、可愛らしい踊り子たちが陽気に踊っている様子にみ見えるという方もいるようです。

180226_151223.jpg

 アップで見るととても変わった形の花ですが、残念ながら無粋なわたしには躍っている踊り子の姿が浮かんできません。 しかし、オオイヌノフグリ同様、早春を連想させてくれる花の一つではあります。 春との距離は一層近づいているのです。

スポンサーサイト

 野に咲く花

4 Comments

okko  

ヒメオドリコソウ

信州はまだまだ冬・・・と思っていましたが、植物はちゃんと
出てくる時期を心得ていますね。
これからはどんどん色んな芽が出たり花が咲いたりして
楽しみな毎日がやって来ます。

2018/02/27 (Tue) 19:56 | REPLY |   

wagtail  

To okkoさん

足元の小さな春を見付けると、
心がウキウキし、明るい気分になります。
これも、冬が長く、春遅い信州に生活しているせいでしょうか。
これから生物たちの活動が活発になり、
生命の息吹を感じられる季節。
嬉しい季節がやってきます。

2018/02/28 (Wed) 17:06 | EDIT | REPLY |   

タッキー  

こんばんは

我が家の庭にも咲いているかしら・・・
星の瞳は見かけるのですが、姫踊り子草はもう少し先のような気がしました・・・

小さな花の姿に踊り子を見いだす先人の感性はやはり素晴らしいですね~!

今夜半から明日午前中にかけて春の嵐の予報ですね・・・
南風が吹くらしいです、春は一雨毎に暖かくなるなんて云いますよね、嵐が過ぎたらまた一歩本格的な春に近づくのかと思います、三寒四温の季節、ご自愛下さいませ。

2018/02/28 (Wed) 18:38 | REPLY |   

wagtail  

To タッキーさん

昨夜は、雨と風、そして雷の小さな嵐が通過していきました。
今もまだ雨が降り続いています。
こうして一雨毎に、春が近づいてくるんでしょうね。
道端や土手にも、早春の花がチラホラ見えています。

2018/03/01 (Thu) 08:30 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment