FC2ブログ

おりふしの記

ぶらり出掛けたその先で 偶然であったその場の様子を  気楽な気分でカメラにおさめました。 そして、その時の「映像」と 「つぶやき」を wagtail流に思いつくままに 日記風に綴りました。 その瞬間、瞬間の 自然から受け取ったもの、感じたものを大事にしていきたいと思います。

古巣発見!

 積雪が1㎝ほどあった昨日の朝、いつものように朝の散歩に出ました。 毎朝この梅の木の下を通って山道に差しかかるのですが、今まで何ヶ月もの間見てきた3mほどの梅の木に鳥の古巣があることに初めて気がつきました。 高い場所にあるので巣を細かく観察できませんでしたが、モズかなにかの椀形の巣なのでしょうか?
 
180206_084212.jpg

 ねぐら(眠る場所)としてつくられる鳥の巣もありますが、日本の大部分の鳥にとって、巣といえば繁殖のための場所です。 また、キジバトやサギ類などのごく一部の鳥を除いてはほとんど古巣を再利用することはありません。
 古巣利用には巣づくりの労力削減という利点がある一方で、寄生虫の存在、過去に捕食者に襲われた巣は再び襲われる可能性が高いといった危険性があります。 多くの鳥が古巣を利用しないのは、こうしたことが関係しているのではないかと思われます。

180206_084336.jpg

 今の時期は樹木に葉がないため捜しやすく、鳥たちの繁殖の妨げにもならないのでいい時期です。 樹の葉の落ちたこの時期に、樹の上に枯れ枝、葉、コケなどの塊状の物がないか見ていくと、こうして古巣発見に繋がるものです。

スポンサーサイト

 野鳥

8 Comments

タッキー  

おはようございます

小さな野鳥が、その場所の環境に合わせて作る巣、冬枯れの木に見つけやすい季節ですね、アレ!こんな場所に?なんて驚くような場所にあったりしますよね・・・

野鳥が作る巣に、ビニール紐等が織り込まれているのをよく見かけます・・・

野鳥たちは誤食する事はあまりないのかな?とは思いますが、なんとも可哀想に思えてしまうのは私だけでしょうか・・・

2018/02/09 (Fri) 06:25 | REPLY |   

とんちゃん  

枯れ色の頃

この頃って思わぬ発見あるんですね
古巣・・・誰かさんがせっせと作った確かに「巣」ですね
色々なことを想像させてくれる自然の中の一コマに思いを募らせています
しんと静まり返っている様もいいものです!!!

2018/02/09 (Fri) 08:28 | REPLY |   

白竜 (はく りゅう)  

古巣

こんにちは!
古巣ですか!
Wagtailさんのように 自然好きの方でないと、なかなか目に入らないモノですね♪(^^) 
キジバトなんかは 古巣を再利用ですか! 省エネなんですね(^o^)/
鳥の世界にも、せっせと働くもの、怠けるもの・・・十人十色・・・ではなくて・・・十鳥十色なんでしょうね(^-^) 

2018/02/09 (Fri) 12:11 | EDIT | REPLY |   

okko  

古巣

私はもずの巣しか見たことがありませんが、本当にきれいに
編まれており関心します。誰に教えられるわけでもなく
つがいで仲良く作っていくのですね。

2018/02/09 (Fri) 21:17 | REPLY |   

wagtail  

To タッキーさん

毎朝通っていた場所ですが、今頃になって
こんなところに巣があったんだと思うことがしばしばです。
この酢もビニール紐がたくさん使われているようです。
以前針金ハンガーを巣材に使っていたカラスの巣を見たことがありますが、
野鳥たちが、人間生活に密接に関係していることがよく分かります。

2018/02/11 (Sun) 11:00 | EDIT | REPLY |   

wagtail  

To とんちゃんさん

長い間こんなところに巣があったことに気付きませんでした。
この時期、こうして古巣を捜すのもまた興味深いです。
見付けた古巣を調べると、野鳥たちに迷惑をかけることなく、
様々な興味深いことが明らかにできるかも知れません。

2018/02/11 (Sun) 11:03 | EDIT | REPLY |   

wagtail  

To 白竜 (はく りゅう)さん

キジバトやサギ類の巣は小枝を多用しています。
こんな巣材ですから余りダニなどの心配はいらないのでしょうか…。
古巣一つからでも、野鳥たちの生活ぶりがうかがえ、おもしろいです。
この時期は樹木に葉がありませんので、
誰にでも発見のチャンスがあると思います。

2018/02/11 (Sun) 11:08 | EDIT | REPLY |   

wagtail  

To okkoさん

巣の形や巣材も鳥の種類によって様々です。
夫婦で巣作りするもの、どちらか一方だけに任せるもの、
巣材をくわえている野鳥たちを双眼鏡でおっていると、
様々なことが見えてきます。
鳥の世界も興味が尽きませんね。

2018/02/11 (Sun) 11:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment