FC2ブログ

おりふしの記

ぶらり出掛けたその先で 偶然であったその場の様子を  気楽な気分でカメラにおさめました。 そして、その時の「映像」と 「つぶやき」を wagtail流に思いつくままに 日記風に綴りました。 その瞬間、瞬間の 自然から受け取ったもの、感じたものを大事にしていきたいと思います。

信州随一の厄除観音 牛伏寺

 信州松本の南東、鉢伏山の中腹、海抜千メートルの幽谷の地に牛伏寺(ごふくじ、うしぶせ寺とも呼びます)という古刹があります。 ここは、長野県随一の厄除観音ですが、過日思い立ってお詣りに行ってきました。

180119_122120.jpg

180119_122400.jpg

 寺伝によると、天平勝宝七年(756年)唐の玄宗皇帝が善光寺へ大般若経六百巻を納経の途中、経巻を積んだ赤・黒二頭の牛が、この地で同時に斃れ、その使者たちが本尊十一面観世音菩薩の霊力を知り、その経巻を当山に納め、二頭の霊を祀って帰京しました。 この不思議な因縁により寺号を牛伏寺と改め、参道途中の牛堂に阿弥陀仏を中心に、赤黒二頭の牛像をまつっています。古来より牛伏厄除観音と称し、厄除霊場として県内外に知られ、また、信濃三十三番中第二十七番札所となっており、法燈壱千三百年を今日に継承いたしております。

(牛伏寺について | 信州随一の厄除観音 金峯山 牛伏寺より引用)

180119_123422.jpg

180119_122439.jpg
スポンサーサイト

 文化

4 Comments

タッキー  

おはようございます

うしぶせは伊那谷からも行かれる方が大勢いらっしゃいますね

私も一度お参りした事がありますが、今度は厄払いの祈祷?をしていただこうかしら・・・

2018/02/07 (Wed) 06:47 | REPLY |   

白竜 (はく りゅう)  

牛伏寺

こんにちは!
牛伏寺・・・古刹の雰囲気がありますね!
牛の彫刻も素晴らしい!
著名な彫刻家の作品なんでしょうね!♪(^^) 

2018/02/07 (Wed) 16:35 | EDIT | REPLY |   

wagtail  

To タッキーさん

このお寺は以前にも二三度行ったことがあります。
大きなお寺さんですね。
厄払いの祈祷は毎日受付可能のようですね。

2018/02/08 (Thu) 18:37 | EDIT | REPLY |   

wagtail  

To 白竜 (はく りゅう)さん

時期が時期だけに参拝に見えていた方の姿は少なかったですが、
よく手の入れられた広々とした境内でした。
寺の名前にちなんで、伏した牛が二頭見られましたが、
どなたの作かは、残念ながら分かりませんでした。

2018/02/08 (Thu) 18:42 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment