FC2ブログ

おりふしの記

ぶらり出掛けたその先で 偶然であったその場の様子を  気楽な気分でカメラにおさめました。 そして、その時の「映像」と 「つぶやき」を wagtail流に思いつくままに 日記風に綴りました。 その瞬間、瞬間の 自然から受け取ったもの、感じたものを大事にしていきたいと思います。

今朝の景色は「銀世界」

 目を覚ますと、ほとんど物音が聞こえず、鳥の囀りさえ聞こえない静かな朝となりました。 寝室のカーテンを開けた窓がいつもの朝より明るく感じます。 ゆっくりと窓を開けると、やはり外の景色は一面の「銀世界」でした。 古くから、降り積もる雪の美称を「銀花」と呼んできたように、雪は「白」ではなく、「銀」で表現してきました。

171227_122157.jpg

 銀色に輝く雪が「白銀」、根雪をいただく山の峰を「銀嶺」、氷の上を「銀盤」、つららのことを「銀筍」と、やはり「銀」を使います。

 こんな一面の銀世界を歩くと、今まで見落としていた草木の赤い実などが際立って目に飛び込んできます。 雪の中に見える雑草の赤い実の色が一層鮮やかに見え、思わず足を止めてしまいました。
 
171227_121316.jpg

 これは、ヒヨドリジョウゴの実でしょうか? この寒さ続きで、多少しわが寄ってはいますが、きっとまだ実に張りのある時期でしたら、透き通るような果実が宝石を思わせるように透明に輝いていたに違いありません。 雪の朝に外に出るのにはちょっと勇気がいりましたが、心洗われるような美しさに出会うことができました。
 
171227_121227.jpg

スポンサーサイト

 日常生活

2 Comments

okko  

銀世界

昨日、今日とこちらも朝起きたら雪が積もっていました。
今年の年末も寒くなりそうです。
wagtailさんのお庭には何とカワセミくんがいるのですね。

赤い実と白い雪も実によく合います。

2017/12/28 (Thu) 16:29 | REPLY |   

wagtail  

To okkoさん

昨日は雪、そして今朝は厳しい冷え込みでした。
12月も押し迫り、本格的な冬将軍がやってきています。
わたしの毎日の散歩道ではカワセミは観察できません。
せめてその姿だけでもと、庭に配してみました。
雪を被ったカワセミなんぞは、なかなか見られませんよね。v-392

2017/12/29 (Fri) 15:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment