おりふしの記

ぶらり出掛けたその先で 偶然であったその場の様子を  気楽な気分でカメラにおさめました。 そして、その時の「映像」と 「つぶやき」を wagtail流に思いつくままに 日記風に綴りました。 その瞬間、瞬間の 自然から受け取ったもの、感じたものを大事にしていきたいと思います。

小江戸川越 ~蔵造りの町並み~

 喜多院をバスで出発し、「川越プリンスホテル」でバイキングの昼食をすませ、蔵造りの趣豊かな建物が立ち並ぶ町並みの「川越一番街」に向かいました。 ここは、「小江戸川越」と呼ばれ親しまれているように、江戸時代から残る蔵造りの街並みが美しく残る、観光スポットとしても人気のエリアです。

171208_125732.jpg

171208_131830.jpg

  ここでは自由散策の時間となり、のんびりと時間いっぱい昔の雰囲気を味わうことができました。 蔵造りの街並みには、食事処・和菓子屋・和雑貨店・玩具屋などたくさんのお店が並び、大勢の観光客で賑わっていました。 風情のある家並みを眺めていると、まるでタイムトリップをしてしまったかの様な感覚になり、歩いているだけでもワクワクします。
 同じように見えて一軒一軒違う造りをしており、それぞれに個性を出しながら、堂々とした風格さえ漂わせています。

171208_130005.jpg

171208_125740.jpg

 十分に蔵造りの町並みを楽しんだ「川越一番街」を抜けて、次は、「菓子屋横丁」に向かいました。 
 「菓子屋横丁」は、昔ながらの駄菓子屋さんや和菓子屋、飴屋が並ぶ人気の観光スポットです。 親世代は、子どもの頃に食べた懐かしい駄菓子を見つけることができます。 最近は、身近な場所には駄菓子屋さんはほとんど見られなくなりましたので、現代っ子たちには、新鮮な場所に見えるかもしれません。

171208_134655.jpg

 ここでの見過ごしては行けない観光スポットは、何と言っても「時の鐘」です。 最後に、蔵造りの町並み「一番街」と同様に、城下の頃の面影を残す「時の鐘」を訪れてみます。
スポンサーサイト

 プチ旅

0 Comments

Leave a comment