FC2ブログ

おりふしの記

ぶらり出掛けたその先で 偶然であったその場の様子を  気楽な気分でカメラにおさめました。 そして、その時の「映像」と 「つぶやき」を wagtail流に思いつくままに 日記風に綴りました。 その瞬間、瞬間の 自然から受け取ったもの、感じたものを大事にしていきたいと思います。

失敗続きの ミニミニ菜園

 今年も野沢菜漬けの時期がやってきました。 連日霜の朝が続いていますが、野沢菜はこの霜に何度かあわせるとパリパリしていた野沢菜がしんなりし、柔らかくなります。 数日前、我が家のミニミニ菜園で栽培されていた野沢菜も十分に霜にあったので、収穫して、野沢菜漬けにされました。

171203_161752.jpg

 野沢菜の収穫が終わった菜園には、まだダイコンと白菜、ほうれん草が残っていますが、今年は、どの野菜も種蒔きの時期を誤り、大きくなり過ぎたり、成長が遅れたりしています。 野沢菜は早く蒔きすぎ、大きくしすぎました。 また、白菜は逆に種蒔きが遅れ、十分に大きくならず巻ききらない内に冬を迎えてしまいました。 さらにほうれん草に至っては、小さな内に冬を越す羽目になってしまいました。
 何しろ素人菜園主ですので、秋野菜はうまくいった試しがありません。

171203_161642.jpg

 以前掲載しましたように猫の糞害を防ぐためにぐるり網で覆われたミニミニ菜園ですが、菜園主が素人であるのに加え、一日の日照時間が非常に短く日当たりのよくない菜園のため、いつも出来がよくないのです。
 色々と言い訳めいたことを並べていますが、要は栽培技術が未熟であることに間違いはないのです。 それでも懲りずに毎年土いじりを楽しみ、自家栽培の新鮮な無農薬野菜を口にする喜びをかみしめているのです。
 残った野菜収穫がなからになったら、堆肥を鋤き込んで冬に備える予定です。
スポンサーサイト

 日常生活

4 Comments

okko  

手作り野菜

大きなミニミニ菜園ですね、うらやましい!
野菜作りは結構手がかかりますよね。そしてたとえ
不出来でも自分で作った野菜を食べるときの嬉しいこと。
私もかつては少しだけ夏野菜を作っていました。
「野沢菜漬け」は信州旅行の定番のお土産、みんなに喜ばれました。

2017/12/05 (Tue) 20:11 | REPLY |   

タッキー  

素晴らしい!

wagtailさんの家庭菜園、充分に素晴らしいと思います!

ここ数年、秋の天候不順?異常気象?の影響で、農作物を栽培するのが大変らしいですね。

女房殿の実家は専業農家なんですが、今年は野沢菜を失敗したなんて話を聞いたところです・・・

農業は自然が相手で、毎年が一年生だなんて言われるくらいですものね

少しくらい見た目に難があろうと、丸かじりするならともかく、wagtailさんが端正込めた野菜たちはきっと美味しいですよ~!

2017/12/05 (Tue) 21:16 | REPLY |   

wagtaill  

To okkoさん

二年ほど前は農家の方の畑の一角をお借りして野菜作りに挑戦していました。
しかし、ちょっと自宅から離れていたため、庭の一角を畑にしました。
素人の野菜作りですので、なかなかうまくいきません。
でも、自分の作った野菜が食卓に上がると、嬉しいものです。
野沢菜漬けは、信州の冬には欠かすことのできない漬け物です。

2017/12/06 (Wed) 10:21 | EDIT | REPLY |   

wagtaill  

To タッキーさん

素人の野菜作りゆえ、なかなか思うようには行きません。
土に親しむつもりで始まった野菜作りですが、
野菜の栽培は奥が深いですね。
まだ土作りの段階の畑ですので、
これからだと思って楽しみながらやっています。
猫対策だけは万全で見た目にはいいのですが、
野菜の出来と言えばイマイチ。
しかし、食卓に上がる不出来な自作の野菜を口にし、
出来具合に一喜一憂しながらの農作業もまた楽しいものです。

2017/12/06 (Wed) 10:30 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment