おりふしの記

ぶらり出掛けたその先で 偶然であったその場の様子を  気楽な気分でカメラにおさめました。 そして、その時の「映像」と 「つぶやき」を wagtail流に思いつくままに 日記風に綴りました。 その瞬間、瞬間の 自然から受け取ったもの、感じたものを大事にしていきたいと思います。

Index

188: 湯の丸高原・ツツジ平

 東御市湯の丸高原は、浅間連峰の西に位置

187: 「父の日」 を迎えて

 きょうは、「父の日」 でした。 土・日

186: 雨に濡れる ホタルブクロ

 いつものように起床してすぐに、30分ほ

185: ヤマザクラの実

 毎朝起きてすぐに30分ほど犬を散歩させ

184: 野鳥の巣箱づくり

 毎年シジュウカラが巣に使っていた手作り

183: 水郷潮来あやめ園

~潮来出島のまこもの中にあやめ咲くとはし

182: 水郷 潮来の十二橋巡り

 先日茨城の潮来に行ってきました。 半日

181: 逃げ去る キツネ

 いつものように朝の散策に出た時のことで

180: クジャクサボテン 咲く

 今年もクジャクサボテンが大輪の花を咲か

179: 信濃札所巡り 満願寺

 昨年から気の向いた時にぶらりと出掛ける

178: アワフキムシ

 草原にちょっと足を踏み入れると、草の茎

177: 中山高原を楽しむ

 大町市の新行高原と中山高原に出掛けてみ

176: モグラの亡骸

 いつものようにカメラを携え、野鳥の姿を

175: 林を彩る 新緑

 昨夜の雨も上がり、爽やかな朝を迎えまし

174: オトシブミの知恵

 昨日の真夏を思わせるような陽気から一転

173: 九十九谷森林公園の九輪草

 下伊那郡喬木村小川の九十九谷森林公園に

172: 爽やかな 青系の花々

きょうは朝から雨模様でちょっと肌寒い一日

171: 庭のオダマキ

 初夏の陽射しを浴びて庭に様々な花が咲き

170: 鶴峯公園のツツジ

 GWが終わりました。 わたしはもう「サ

169: 華麗な 牡丹の花

 今年も庭の片隅に植えられた牡丹の花が咲

168: アオダモ 咲く

 早い時間から日差しが差し、爽やかな朝を

167: 瑞穂 菜の花公園

飯山市瑞穂に、朧月夜の舞台となり、千曲川

166: 月川温泉郷 花桃の里

 GWに入り、大勢の観光客でごった返す前

165: 桜草 と シラネアオイ

 玄関前の花壇に今年も日本桜草が咲きまし

164: 余里の花桃

 上田市武石の余里の里に、「花咲じいさん

163: 虫こぶの目立つ季節

 この時期になると散歩道脇に生えているコ

162: 林 檎 の 花

 昨日は汗ばむほどの陽気でしたが、きょう

161: 満開の桜 ・ 飯山城趾公園

 飯山城は、上杉謙信が信濃侵攻の戦略拠点

160: 頑張れ 日本タンポポ

 わたしの町は葡萄、林檎などの果樹栽培が

159: 信州の春は駆け足

 春遅い信州ですが、ついこの間春の訪れを

158: 野草の寺 ・ 津金寺

 旧中山道芦田宿の北西300m、西に山を

157: 鮮やかな山吹の花

 いつの間にやら季節が進み、散歩道の道路

156: ヤマザクラ 咲く

 散歩道の外れの車道脇にソメイヨシノが5

155: 伊那谷の花見

 10日ほど前に南信州に住まいしている息

154: 庭木の花々

 昨日は25℃越えの 「夏日」。 そしてき

153: 何とか白いハクモクレンが…

 きょうも初夏を思わせるような一日でした

152: 薬師堂祭

 朝6時半、村内に祀られている薬師堂に幟

151: 群生するホトケノザ

 過日訪れた「戸倉セツブンソウ群生地」は

150: 早春の里山に咲く黄色い花

 先日、千曲市の「戸倉セツブンソウ群生地

149: 戸倉セツブンソウ群生地

 セツブンソウはキンポウゲ科に属する多年

148: 咲き誇るクリスマスローズ

 ほかの多くの草花に先駆けて花を咲かせ我

147: ようやく迎えた 梅の開花

 散歩道を歩いたのは10日ぶり位だろうか

146: ハクモクレンの花芽

 きょうは、時には白いものが舞う、曇天の

145: 冬を越した クロメダカ

 これは数年前から屋外飼育を始めたメダカ

144: 春の使者 土筆(つくし)

 頬に当たる風はまだまだひんやりとしては

143: 水に差した葉ボタン

142: 3月、春の雪

 夢うつつの耳にピューピューと風の吹き渡

141: 信濃三十三観音札所巡り

 以前触れたように「信濃三十三観音札所巡

140: 咲き揃った 福寿草

 昨日は、5月を思わせるような今年一番の

139: リュウノヒゲの青い実

 この植物は、よく庭先で見掛けるリュウノ

138: 「信濃三十三観音札所巡り」 のスタート

 信州には、長い歴史を伝える 「信濃三十

137: 春を告げる 福寿草

 道端にオオイヌノフグリ、ヒメオドリコソ

136: ヒメオドリコソウ

 ひと頃より随分温かさを感じるようになっ

135: 信州の郷土料理 “おやき”

 連れ合いさんが昼ちょっと前に、どなたの

134: 春を告げる花

 今朝はちょっと暖かな朝を迎えました。 

133: 庭木の 「芽生え」

 気温が15℃以下で吐く息が白くなり始め

132: 五重の天守 「松本城」

 何年ぶりの訪問になるでしょうか…。 余

131: 厳寒の朝

 朝からくっきりと晴れ渡り、抜けるような

130: 諏訪湖の御神渡り

 今年は1月末から2月始めにかけ随分冷え

129: 古巣発見!

 積雪が1㎝ほどあった昨日の朝、いつもの

128: 信州随一の厄除観音 牛伏寺

 信州松本の南東、鉢伏山の中腹、海抜千メ

127: 「節分」 と 「立春」

 「福は内! 鬼は外!」 日頃余り声を張

126: 餌探しに奔走する 野鳥たち

 1月に降った雪がまだ解けきらないうちに

125: 爽やかな朝の挨拶

 「あはようございます!」 何とも言えな

124: 雪 の 華

 正月以来補雪らしい雪がほとんど降らない

123: 降り続く 雪、雪、雪…

 正月以来穏やかな雪の少ない日々が続き、

122: 暖かい 「大寒」

 きょうは二十四節気のひとつ 「大寒」 で

121: 北向観音 参拝

先日信州善光寺に初詣に行ってきましたが、

120: 福寿草の芽

うっすらと地面を覆っていた先日の雪が溶け

119: 季節の料理を楽しむ

 大勢の人出を避けて、お正月を忘れかけた

118: 満開の金のなる木

 「金のなる木(カネノナルキ)」 とは、

117: 歳神様 と どんど焼き

 最近は外で遊ぶ子どもの声はさっぱり聞か

116: 目立つ林内の倒木

 わたしが毎朝歩いている「散歩道」には、

115: 残し柿と野鳥たち

 今年もまた、柿が目立つ季節が巡ってきま

114: 忙しい三が日

 明けましておめでとうございます。 今年

113: 冬晴れの朝

 昨日の朝はやはり雪かきの作業が待ってい

112: 今朝の景色は「銀世界」

 目を覚ますと、ほとんど物音が聞こえず、

111: 静かな クリスマス

 12月半ば頃になると、街にはイルミネー

110: 我が家の「冬至」

 昨日は 「冬至」 でした。 冬至は、一年

109: 厳 寒 の 朝

 猫の被害防止に簡易の網で囲まれた小さな

108: トビの落とし物?

 今朝も随分冷え込みました。 朝の散策に

107: 稲わらのロール

 毎朝歩いている「散歩道」脇にある小さな

106: 小江戸川越 ~時の鐘~

 情緒あふれる蔵造りの町並みにひときわ高

105: 小江戸川越 ~蔵造りの町並み~

 喜多院をバスで出発し、「川越プリンスホ

104: 小江戸川越 ~喜多院~

 先日日帰りのバス旅で、埼玉県の川越を散

103: うっすらと雪化粧した昨朝

 新年に飾る冬の代表的植物と言えば、ナン

102: 冬越しをさせる クロタネソウ

 この植物は、クロタネソウといい、ちょっ

101: 失敗続きの ミニミニ菜園

 今年も野沢菜漬けの時期がやってきました

100: 冬紅葉 (ふゆもみじ)

 晩秋の野山を美しく飾った紅葉も、初冬に

99: よみがえった 案内板

 これは、「旧おりふしの記」 に 「倒れた

98: 木の葉散る

 ここ数日、強弱の差こそあれ、毎朝のよう

97: アオツズラフジの実

 秋も随分深まりましたが、この頃になると

96: 冷え込んだ朝

 昨夜は床に入っても耳に届くほどの音を立

95: 可愛い チェリー・セージ

 連日の冷え込みと霜のため、庭の花もめっ

94: 日帰りバスツアー

  「大井川鉄道と紅葉の寸又峡」という日

93: 鮮やかな清水寺の紅葉

 長野市若穂にある清水寺(せいすいじ)は

92: イタチ(?)の亡骸

 この日は朝少し早めに散策に出たので時間

91: 山 茶 花

 十一月霜月の花暦は、菊と山茶花です。 

90: 上田城趾公園の紅葉

 NHKの大河ドラマ「真田丸」ブームから

89: 木の葉  【このは】

 庭の木々の葉も随分色づきが深くなり、樹

88: イヌホオズキの花と実

 「実りの秋」という言葉がありますが、秋

87: 日光東照宮 参拝

 上信越自動車道、関越自動車道、北関東自

85: まだ咲き続ける月見草

 台風22号の接近による昨日の雨が朝まで降

84: ひっつき虫の仕組み

 秋を迎えると様々な植物が種子を実らせ、

83: 見頃を迎えた雲場池

 軽井沢に、スワンレイクという愛称をもつ

82: 初めての ダルマギク

 雨続きで、野外散策もできず、写真も無し

81: 収穫間近の リンゴ

 長野県は、青森県に次ぐ全国第二位のリン

80: 秋入梅・秋黴雨(あきついり)

 今週は本当によく雨が降ります。 連日の

79: 秋を彩る 葡萄棚

 標高の高い山や高原はすでに紅葉が盛んで

78: セイタカアワダチソウの盛衰

 空き地や放棄畑などに行ってみるとこの植

77: 路傍を彩る野菊

  野菊の季節がやってきました。  いつ

76: ホトトギスの花

 「ホトトギス」 と言われたら、探鳥が趣

75: 色づき始めた ヤマザクラ

 先日の雨、秋雨の冷たさに長袖の上にチョ

74: 雨に濡れた柿の木

 昨夜の雨も朝を迎える前に上がりました。

73: 白駒池の紅葉

 標高2115mの白駒池は、突き抜けるよ

72: 手負いの イノシシ

 このところ、朝夕は気温がグーンと下がり

71: 見頃を迎えた ヤマハギ

 毎朝野鳥の姿を求めて散策に出るわたしの

70: 修那羅の石神仏

長野県東筑摩郡筑北村坂井と小県群青木村の

69: 金木犀の香り

 玄関を出るとすぐにこの香りがしだしたの

68: 雲の上のテラス「SORA terrace」

 竜王ロープウェイで雲の中を切り抜け、標

67: 小さな神社に咲く 曼珠沙華

 北斗(我が家の飼い犬の柴犬)を連れて散

66: 稲倉の棚田

 上田市の市街地を抜け、右手に、上信越自

65: 危ない ヨウシュヤマゴボウ

 この植物は、我が家の隣の空き地に生えた

64: 恒例の稲刈り

 台風が接近し、天候が心配される三連休で

63: 響き渡る 鈴虫の声

 もう10年以上も前になるだろうか、二つの

62: 始まった ブドウの収穫

 早朝まだ日の出前のブドウ畑。 大きく膨

61: ホバリングする オオスカシバ

 玄関前には、薄紫のハナトラノオが華やか

60: 咲き始めた シュウカイドウ

 北に面した我が家の裏庭は、住宅の陰にな

59: 秋を彩る 百日草

 今年初めて百日草の種を蒔いて、庭の一角

58: 後を絶たない 不法投棄

 毎朝朝食前に1時間ほど「散歩道」を散策

57: 切り落とされた クヌギの枝先

 わたしが毎朝歩いている散歩道周辺には、

56: 炎天下に咲く 昼顔

 一年生がいる家庭の玄関先などに置かれて

55: 千曲市の姨捨棚田

長野県千曲市のJR篠ノ井線「姨捨駅」付近に

54: ウラギンシジミとの出会い

 裏庭の空き地にほとんど毎日のようにやっ

53: ようやく出会えた カブトムシ

 わたしが毎朝歩いている散歩道の雑木林に

52: 清楚な ボタンヅルの花

 散歩道を歩いていると、多数の長い雄しべ

51: オンブバッタの幼虫

 我が家の庭には毎年青じそが出てきて、こ

50: ひまわり (向日葵)

 2~3年前に林縁部の荒れ地が開拓され、

49: 興味深い ツユクサの花

 夏から初秋にかけてみずみずしく、涼しげ

48: 炎天に咲くノウゼンカズラ

 今日は厚い雲がたちこめ、時折雨も落ちて

47: “立秋”が過ぎたとはいえ…

 ことしの “立秋” は、8月8日でした。 

46: 素人づくりの ミニトマト

 随分長い間、ただ放置されていた裏庭でし

45: 咲き始めたレンゲショウマ

 一時は県下を直撃かと思わせた台風5号が

44: 来年も咲かせたい タチアオイ

 車を運転するのが好きですので、思いつき

43: 木漏れ日に光る クモの網

 いつものように6時少し前に朝の散歩に出

42: 増え続ける オニユリ

 最近は、夜の間雨が降り、雨上がりの朝を

41: ブログ開設10周年

 一週間ほど前、当ブログ “おりふしの記”

40: 稲泉寺の大賀ハス

 以前に信濃国分寺の蓮を取り上げましたが

39: 弘長寺の紫陽花

 松本市の “あじさい寺” といえば弘長寺と

38: 信濃国分寺の蓮

 奈良時代に創建された上田市の信濃国分寺

37: 群生する ママコナ

 夏になると散歩道の山道脇にママコナの花

36: 石臼と紫陽花の寺 深妙寺

 中央道伊那I.Cから車で約3km、10分

35: 担ぎ手の少ない 子ども神輿

 日曜日は、地域の祇園祭が執り行われまし

34: 手作りのジャムと野菜

 散歩道の折り返し地点のリンゴ畑の片隅に

33: 続く 真夏日

 今日も厳しい暑さが続きました。  「真

32: 朝風に揺れる オカトラノオ

 6月~7月にかけて、花をつける野草がぐ

31: ブドウ栽培の作業

 わたしの町は、花卉、りんご、ブドウ等の

30: ネムノキの花

 夏になると、散歩道に、一風変わった化粧

29: 松枯れ病による 危険な倒木

 少し前の話になりますが、台風3号が太平

28: 降り続く雨

 空梅雨ではないかと思うような日が続いて

27: 国天然記念物の レンゲツツジ

 東御市新張から石造りの百体観音が続く地

26: 趣のある山野草 ユキノシタ

 北に面した庭の一角にユキノシタが群生し

25: 咲き始めた 智識寺の紫陽花

 戸倉上山田温泉から麻績村へと抜ける四十

24: 可愛いサクラの実

 先日の雨も上がり、道端の草にはまだ雨粒

23: 五月晴れ

 梅雨の間の晴れ間、戸隠に向けバードライ

22: 夏至を迎えて

 昨日は梅雨入り以来の本格的な雨降りとな

21: 初夏を彩る ホタルブクロ

 6月も下旬を迎えようとしていますが、こ

20: 元気なメダカたち

 梅雨入りが発表されてから、本格的な雨ら

19: 雑草対策の ウツボグサ

 6月から盛夏にかけて我が家の庭には、特

18: 満開の時、「さかき千曲川バラ公園」

 長野県埴科郡坂城町の千曲川に面した場所

17: 6月の中央アルプス千畳敷

 氷河期に大地が氷で削り取られてできた特

16: 二つ並んだ スイカズラの花

 昨日、信州は梅雨入りをしました。 平年

15: 姫川源流 と 親海湿原

 北アルプス山麓の白馬村南部、佐野坂峠近

14: 幻想的な花 クロタネソウ

 今年、我が家の庭で初めて花を咲かせたク

13: 開花が始まった 月見草

 夏を迎えると我が家の庭のあちらこちらに

7: 三度空振りだった 軽井沢野鳥の森

 軽井沢に 「野鳥の森」 と命名されている

1: 雨上がりの戸隠森林植物園

 ちょっと日が経ってしまった話題で申し訳

2: まだ進む 松枯れ病

 毎朝歩いている「散歩道」、そのほとんど

3: 美麻の蕎麦と珈琲

 時々くテレビで旅番組や地域のグルメ情報

4: 庭は花盛り

 このところ日中の気温がグングン上がり、

5: 富士芝桜・富士五湖・花の都公園

 以前、高崎の 「みさと芝桜公園」 に行っ

6: 三種の牡丹 揃い踏み

 五月も中旬を迎え、庭の花が次々に咲き、

8: 虫こぶ(虫えい)の季節

 ナラの葉陰に緑色のりんごのようなこぶが

10: ウワミズザクラの花

 先日、雑木林の中に咲くちょっと変わった

11: りんごの花咲く季節

 桜の花が終わり、りんごの花の咲き始める

12: 5月の八千穂高原

 ひょんなことから、ハーモナイズで昼食を